収穫の終わったブドウ畑とヤギの放牧!赤い屋根の塩の博物館!!(トラパニ写真集No.2)

トラパニの塩田地帯の手前には、ぶどう畑が広がります。もう収穫の時期は過ぎたようでしたが、まだ多少房が残っていました。たまたま、ヤギの群れを連れた地元の人とすれ違いました。

画像



この辺りでも放牧をやっているのでしょうか?それとも、どっかから厩舎へ帰るところかもしれません。

画像



ぶどう畑に残っていた房をちょっともらっちゃいました。酸っぱかったです。ワイン用の葡萄なのでしょう。この近くのマルサラは、ワインの産地として有名です。

画像



塩の博物館へ来ました。円筒形の建物に赤い円錐形の屋根が、塩の博物館です。

画像


塩の博物館の内部です。塩の製造工程や、トラパニの塩製造の歴史とか、説明されています。

画像


塩製品も展示、販売されています。ゆっくり時間をかけて作った塩は結晶の粒が大きいんですね!

画像


画像


先ほどお話しした、マルサラ産ワインです。世界的にも有名で、特にイギリスでは評価が高いワインだそうです。Seccoとは、辛口のことで、Superioreは、2年以上熟成させたワインのことです。

画像


ランキングに参加しています。クリックお願いします。↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

"収穫の終わったブドウ畑とヤギの放牧!赤い屋根の塩の博物館!!(トラパニ写真集No.2)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント