初体験、木の上(ツリーハウス)でボーイスカウトの学生のお手前!!(お茶会No.2)

2009年11月14日、お茶会に行ってきました。広間での濃茶の後、小間での濃茶の茶席に参加しました。にじり口から頭を低くして、狭いお茶室に入ると、薄暗い4畳半の空間に10人ほどの人が膝を突き合わせて座っていました。

画像



お手前は、表千家の先生が立ててくださいました。主催者の春日部福音自由教会の牧師様かつお茶の先生でもある高橋牧師が、本日のお茶席に使用されているお菓子、お花、珍しい茶器や掛け軸の説明をしてくださいました。

画像


高山右近の研究をなさっている牧師のお話は、とても興味深いものでした。お菓子とお茶を楽しんだ後、お道具を拝見しました。

画像



窓の障子を開けると、格子から素敵なお庭が見えていました。

画像


その後、お弁当を食べ、立礼(りゅうれい)のお茶席に出ようと思ったら、1時間くらい待たなくてはならなかったので、チャペルのコンサートに行きました。

画像


そこでは、素敵な女性音楽家二人のコンサートをやっていました。パイプオルガンとバイオリンの生演奏を楽しみました。

画像


立礼のお手前とは、椅子に座ったままでいただくお茶でした。これは、裏千家の先生による薄茶のお手前でした。

画像


その後は、雨が晴れてツリーハウスでのお茶席でした。着物で、ちょっと心配しましたが、梯子を上り、木の上に作った空間で、ボーイスカウトの学生たちが立ててくれたお薄を楽しみました。

画像


10年ぶりくらいのお茶会でしたが、楽しかったです。みなさんも、次回はいかがですか?

ランキングに参加しています。もし記事を楽しんでいただけたら、ポチっと一押しお願いします。Grazie mille!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村





七事式(表千家流) 且坐(さざ) —茶の湯の修練 2
世界文化社
堀内 宗心(ほりのうち そうしん)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

"初体験、木の上(ツリーハウス)でボーイスカウトの学生のお手前!!(お茶会No.2)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント