大抵のものが見つかるミラノの巨大青空マーケットでお買い物!野菜は1キロ1ユーロ!

ミラノでは、どんなものでも買えますが、問題は値段です。誰でも、日常の必需品は安く買いたいものです。前から、土曜の午前中にはポルタ・ジェノバ駅の近くに大きな市が立つと訊いていましたが、初めて行ってきました。

画像



正確にはポルタジェノバの隣のサン・アゴスティーノ(St. Agostino)駅の近くで、10時ごろに行ったら、駅構内がすごい人出でした。地上に上がると、もう屋台の車が3方向に並んでいるのが目に入りました。駅から左右の方向は衣類、靴、日常雑貨、ベッドカバー、シーツ、バッグなどで、駅から直角の方向へ行くと、食料品の店が軒を並べていました。

まず最初は左の方向へ行きました。わたしは、夏のサンダルを10ユーロ、コットンのスカーフを10ユーロ、そして、素敵なテラコッタのお皿を20ユーロで買いました。靴下3足を7ユーロ、それにショーツも2枚買いました。

画像



食料品のエリアでは、トマト1キロ1ユーロ、巨大なす1キロ1ユーロ、イチゴ1キロ2.5ユーロで買いました。それと、マグロの大きな切り身を3枚と小さな蛸を500グラムで9ユーロでした。

あちこちで、たった5ユーロだよ!(Solo 5 euro!)とか、どんどん試着してね!(Dai ragazze! Proviamo!)とか、色んな掛け声が威勢良く聞こえてきました。取替えは2週間以内ですとか、2足買うからおまけして!とか、色んな話が聞こえてきて、面白かったです。

お腹が空いたので、近くのお店でジェノバ名物のフォカッチャを2枚買って帰りました。お昼は、フォカッチャと、アスパラガス、茹蛸、デザートにイチゴです。イタリア風のイチゴの食べ方は、イチゴを縦半分に切って、砂糖をまぶし、レモンの汁をかけるやり方です。

しばらくするとイチゴから汁が沢山でてきて、とても美味しくなります。わたしが、砂糖とミルクをかけてイチゴを潰す食べ方が日本では普通だと言ったら、気持ちが悪い(schifoso!)と言われてしまいました。

ランキングに参加しています。皆様のご声援を是非お願いします。皆様のワンクリックが次の記事への意欲に繋がります。↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

"大抵のものが見つかるミラノの巨大青空マーケットでお買い物!野菜は1キロ1ユーロ!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント