イタリアにもお盆があった?!8月15日はフェラゴスタのお祭り!!

8月に入ってから、イタリア人の友人たちは次々にバカンスに出かけてしまうし、お店もスーパー以外はほとんど夏期休暇、ミラノの街は半分ゴーストタウンになったみたいです。いつも通りやっているのは、私が通う語学学校くらいのものです。今週は特にフェラゴスタの週なので、スポーツクラブもレッスンは一切なし!です。ショックでした。

画像


フェラゴスタというのは、8月15日の祭日のことで、この休暇があるのは、ヨーロッパでもイタリアだけだそうです。宗教的な意味では、カトリックの教義によると、この日に聖母マリア様が天国に昇天されたとのことで、それにちなんだお祭り(行列)などもあります。

でも、もともとフェラゴスタというのは、8月のお休みという意味で、ローマ帝国の時代に始まったようです。雇用主が労働者にお金と休暇を与えたり、日頃働かせている馬、ロバなど動物にもその日だけは、綺麗に飾ってやり、休ませるという習慣が今でもあるそうです。

この日に特別に食される伝統料理は、ハトのローストだそうです。その理由は分かりませんが。

ただでさえ8月のミラノはゴーストタウンのようなのに、さらにこの1週間は日本のお盆の時期と同じで、電車もバスも街もガランとしています。もともと8月の暑さに耐えられないから、ミラノの人々は街を抜け出して、民族大移動のように、一斉に海外やイタリア内の海へ移動するのに、最近ミラノは涼しいです。

わたしも、後1週間ほどしたら、ロンドンとスコットランドの旅に行く予定ですが、ミラノは涼しいし、夜は毎晩のように、無料のイベントで楽しめるので、退屈しないですみます。(上の写真は車が全く通らないミラノの街角風景です。)

ランキングに参加しています。皆様のご声援を是非お願いします。皆様のワンクリックが次の記事への意欲に繋がります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

"イタリアにもお盆があった?!8月15日はフェラゴスタのお祭り!!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント