美しいリグーリアの特に美しいリゾート、カモーリからポルトフィーノへトレッキング!!

ミラノから日帰りで、リグーリアの有名なリゾート、カモーリから港にはセレブのヨットが並ぶポルトフィーノまで、素晴らしい景色を堪能しながらトレッキングをしました。途中、サン・フルットーソでは海水浴も楽しみました。

画像



カモーリからサン・フルットーソまでの山道はかなり険しい道でした。途中、断崖絶壁のところをチェーンを掴みながら、進んでいく箇所も何箇所かありました。時折展望台が設けてあって、眼下には素晴らしい地中海の海が見えました。

景色の良いところでランチを済ませてから、さらに進んでいくと、海水浴ができるビーチがあるサン・フルットーソに到着しました。ここでも、料金を払うビーチは空いていましたが、公共のビーチは混んでいました。

画像


私たちのようにトレッキングの途中で寄る人も結構いるようでした。海に入ってちょっと泳いで、日光浴もほんのちょっとだけして、またトレッキング支度を整えて、ポルトフィーノまでの山道を急ぎました。

ポルトフィーノの背後の山にはオリーブやブドウ、栗などの果樹園が広がっていました。アグリツリスモやっていることろもあるし、なかなか奇麗な街並みでした。やっとポルトフィーノにたどり着きました。そこから帰りの電車に乗るには、サン・マルゲリータに行かなくてはならないのですが、バスが40分に1本しかなく、待ち時間に港まで降りていって、ジェラートを食べました。

画像


ポルトフィーノからサン・マルゲリータまでも5キロあり、バスは混んでいました。夕方の各駅電車を逃したので、次にある割高のICに乗らなくてはならないと思っていたら、幸いにも駅に各駅がまだ停まってたので、大急ぎで乗り込みました。

駅の窓口も閉まっていたし、機械もなかったので、切符なしで乗り込みました。そういう場合は、自分から車掌さんを探して、切符を買いに行けばいいのです。向こうから切符のチェックに来てしまったら、高い罰金を払わされることになるのです。もし、切符に刻印を忘れてしまった場合は、自分で切符に日にちを手書きで書けばいいのです。コントロールが来てからでは遅すぎます。皆さんもイタリアではお気をつけくださいね。

ランキングに参加しています。皆様のご声援を是非お願いします。皆様のワンクリックが次の記事への意欲に繋がります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

"美しいリグーリアの特に美しいリゾート、カモーリからポルトフィーノへトレッキング!!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント