イタリアの少子化問題は日本より深刻?!このままいくとイタリア人のいない移民の国になるかも?!

30年くらい前は、イタリアというと、映画ゴッド・ファーザーに出てくるような、日曜日の食卓を囲む大家族のイメージが強かったのですが、いまではすっかり変わってしまいました。実は、日本よりも少子化の問題が深刻なのです。

画像



実際にミラノにいるイタリア人の友人たち10人くらいを考えてみても、中には3人一人息子がいます。それも、3人とも40代、50代なのに、結婚暦もなく独身、子供もいません。両親はもうすでに亡くなっている人、父親はとっくに亡くなり、母親の介護を今やっている人もいます。一人っ子ですから、親の全財産は一人っ子の彼が相続しますが、介護も一人でやらなくてはならないため、大変です。

このままでは、人口は減るばかり。どうして、こんなに一人っ子が多いのかというと、日本もそうですが、高い教育費、育児を支援する社会的システムの不足、それに雇用状況の悪化などが原因です。女性が子供を育てながら仕事を続けるのが大変だから、子供を持つ年齢も高くなるし、当然一人になります。特に若い層の失業率が高いので、当然結婚はできないし、結婚しても、子供を持つ余裕もありません。

日本の現政権は、子供手当てばかりを一番大切な政策のように、借金をしまくって、政治家の時間とエネルギーも費やして進めていますが、その前に雇用環境の安定を図るべきではないでしょうか?安定した職業と収入がなければ結婚もできないし、子供も安心して産めません!

イタリアでも政治が機能していないので、雇用環境も社会システムも悪く、子供を安心して産んで育てられません。それに社会も保守的で、日本にも似ていますが、子育てや家事が女性のみに圧し掛かってくるような社会です。ヨーロッパの他の国、特にフランスでは、法律的に結婚していなくても、事実婚のカップルに対して、差別なく育児手当や支援を与えています。でもイタリアでは、まだそこまでいきません。

イタリア人が結婚をしたがらない理由は、離婚がとても大変なのと、離婚後の妻や子供たちに対する養育費の負担が大変だからです。イタリア人は生まれたときに、カトリックの洗礼を受けるので、全員カトリック教徒ですが、市役所での結婚式のほかに、教会での結婚式をやる人たちは、毎年減りつつあります。

イタリアでは増加し続ける移民が問題になっていますが、イタリア人自身が結婚をせず、子供を作りたがらないのですから、将来は移民ばかりの国になってしまうかもしれません。そうならないで欲しいですね。


ランキングに参加しています。皆様のご声援を是非お願いします。皆様のワンクリックが次の記事への意欲に繋がります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

"イタリアの少子化問題は日本より深刻?!このままいくとイタリア人のいない移民の国になるかも?!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント