未曾有の大災害に見舞われた日本!途方もない被害の甚大さ!原発管理の杜撰さに怒り!

東北地方太平洋沖大地震が11日に起こってから4日経ちました。今回の地震の犠牲者の皆様、被災者の皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。また、救助活動に就いておられる方々、殉職された警察官の方や今も危険な原発の消火作業に携わっておられる方々、日本のために本当にありがとうございます。

画像


あまりの被害の大きさ、そしてテレビその他で報道される映像のむごさに悲しくなります。そして、今あるのは、福島原発の放射能漏れや最悪の事態になるのではという心配。まだまだ、地震の揺れは毎日ありますし、各地でライフラインが損害を受け、昨日から計画停電が始まりました。

わたしは幸いなことに、関東地方ではありますが、一人も死者の出なかった埼玉県に住んでいます。日頃は、海も山もなく、生活には便利だが、魅力のない県と皆も言い、わたしもそう思っていましたが、今回はこの県に住んでいてラッキーだったと思います。

それにしても、津波に家や車が流される様子、一気に街が津波に飲み込まれ、廃墟と化してしまった様子、地震の後の大火事、福島原発の水素爆発の映像など、本当に映画以上に恐ろしい映像が毎日流れてきます。

今の時点で確認されただけでも、死者の人数が7000人あまり、そして行方不明の方の人数が2万人と、本当に恐ろしい大地震の被害状況が毎日報道されています。命からがら助かった人々も、ご家族や親戚の方が亡くなっていたり、いまだ行方不明だったり、家、財産、そして職場や農地、生活の基盤をすべて失い、呆然と立ち尽くす姿など、もうお気の毒で、見ているのも辛くなります。

わたしたちの生活にも色々と影響で出てきていますが、それでも家もあり、家族も全員無事というだけでも、本当に有難いと感謝しなくてはなりません。ボランティアもできない人たちにできることは、何でしょうか?義捐金を寄付すること、そして電気を節約するように努めること、それくらいなのでしょうか?

今回の大地震の映像は海外にも初日から流されたので、わたしのイタリアその他の国にいる友人たちから沢山のメールが来ましたし、facebookにもメッセージを沢山もらいました。わたしと家族の無事を確認し、ほっとしたものの、日本のことが好きで、何度も来たことがあるイタリア人の友人たちの中には、できれば日本の被災地でボランティアをやりたいと書いた人もいます。本当に日本がこんなことになって悲しい、自分たちにできることがあったら、何でも言ってくれと言って来た人も沢山います。

それにしても、原子力は安全だと繰り返し言って来た人々は責任を感じないのでしょうか?東京電力の会見では、上の人たちの、ただ狼狽しているだけで、何も実態を把握していない、頼りない様子に憤りを感じませんでしたか?2007年にも柏崎刈羽原発の事故があったときに、耐震安全性の問題が明らかになって、反省をしたはずなのに、どうしてその後改善されなかったのでしょうか?

日本がこの戦後最大の危機を乗り切ってくれるよう、祈るばかりです。わたしたちも一致団結して、助けあいましょう。

ランキングに参加しています。皆様のご声援を是非お願いします。皆様のワンクリックが次の記事への意欲に繋がります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

"未曾有の大災害に見舞われた日本!途方もない被害の甚大さ!原発管理の杜撰さに怒り!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント