ピサの斜塔に登れました!トスカーナの斜塔で有名なピサの”奇跡の広場”はとっても綺麗でした!

まだイタリア人の半数がクリスマス休暇だった先週の金曜、土曜にトスカーナのピサとルッカを旅してきました。前日に行きのインターシティとホテルだけ予約して、身軽に出かけました。ミラノからピサはインターシティで4時間ちょっとです。お昼ごろにピサに到着し、駅前のインフォメーション・センターで地図をゲットしました。

画像



イタリアには、大抵の観光都市の駅前には"i"のマークがありますが、これが観光客向けの情報提供をしてくれるところです。目指す奇跡の広場までの行き方を聞きました。バスに乗るように言われましたが、15分待つより、街の中を歩いていくほうが楽しいので、歩いていくことにしました。

商店街では新年の初入りセールをやっていました。簡単にバールでパニーノのランチを済ませ、ちょっと歩くと、アルノ川がありました。亘って、少し行くと、昔この街が城砦に囲まれていた頃の入り口だった門の一つがありました。さらに行くと、目の前にあの斜塔が立っていました。かなり傾いていました。

画像


みな、斜塔を自分が手で支えているようにポーズを取って、写真を撮りあっていました。ホテルが近くだったので、チェックインをして、すぐ観光を始めました。この奇跡の広場には緑の芝生の上に、斜塔、洗礼堂、ドウォモ、カンポサント、二つの美術館、そして管理棟があります。全部を見られる入場券を23ユーロで買って、斜塔に登る時間を予約しました。

1時ごろに予約できたのは、4時20分の斜塔の見学でした。5分まえには、荷物を管理棟内にあるロッカーに預けて、集合しなくてはなりません。わたしは、荷物を預けなくてはならないことを知らず、いざ入場のときになって、そういわれ、結局その回には間に合わず、その次の回に上りました。

予約時間まで、他の建物を見学しました。二つの美術館は一つがよくある教会の宝物を展示している美術館で、もう一つが、カンポサントのフレスコ画に出てくる中世の衣装を再現したものを展示していましたが、それほど展示物は多くありませんでした。

ドウォモは白い大理石で出来ていてとても美しく、内部も立派です。空から見ると十字架の形をしています。かなり大きいです。洗礼堂は見るものはそれほどありませんが、2階に登れます。そして、カンポサントという建物があることに夜になって気づき、ようやく見学に間に合ったのですが、素晴らしいです。本当に美しいです。

画像



そしてなんといっても圧巻は斜塔の見学でした。狭い階段を登っていき、前回登ったグループの人たちを途中でやり過ごさなくてはならないので、一度に50人くらいの人が斜塔に登っていることになると思います。上に行けばいくほど、傾きは大きく感じます。一番上の階ではちょっと傾きが大きくて怖いくらいです。やはり見晴らしが最高でした。

画像



下にドウォモ、洗礼堂などが見えます。しかも少し夕日になりかけていて特に綺麗でした。ピサの観光名所はもう大体見てしまったと思うので、翌日はサンジミニャーノに行こうと思いました。が、ホテルに行き方を調べてもうらうと、大変面倒で、効率が悪かったので、30分で行かれるルッカに行くことにしました。

翌朝ピサ駅まで帰る途中でも、2箇所観光ポイントを抑えました。一つが、美しい大学の建物です。もう一つは有名なアメリカ人の画家(キース・ヘリング)が残した現代的でカラフルな壁画です。

画像



画像



ランキングに参加しています。皆様のご声援を是非お願いします。皆様のワンクリックが次の記事への意欲に繋がります。↓
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

"ピサの斜塔に登れました!トスカーナの斜塔で有名なピサの”奇跡の広場”はとっても綺麗でした!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント