グラスボートで海の中のキリスト像!イタリア人とワールド・カップの観戦!カポエイラの演技!No.17

カポベルデのヴィラッジョの生活をご紹介しています。金曜も新しいものに挑戦しました。10時のヨガの後、10時半から、”ボッチェ“と呼ぶ石投げゲーム、そして11時からは、サーフィンの体験というのをやりました。プールでサーフボードにうつ伏せに乗ってちょっと腕でこいで、その後サーフボードに立ち上がり、バランスを取るという経験です。波が来た場合を想定して、サーファーの人がわざとボードを揺らすのです。最初は、うまい、うまいと言ってもらえましたが、ちょっと揺らされるとすぐバランスを崩して落っこちてしまいました。これを海で実際にやるのは大変だろうと思いました。でも向こうは宣伝のために来ているので、うまい、是非コースを取ってみてくださいと言っていました。

画像



海は今日も、風が強く、多少波がありました。ビーチにある見張り台のところに旗がたなびいていて、その色で毎日海の状態を知らせるのですが、信号のように青、黄色、赤を使っています。青は海がないでいることを示しますが、赤は遊泳禁止、黄色は多少波があるが自己責任で遊泳できるという意味です。わたしが来てからずっと毎日黄色です。でもヴィラッジョの前が黄色でも、サンタ・マリアのほうまで行くと、波は穏やかになります。でも、わたしは足が届かない海は怖いので、海水のプールで十分なのです。

11時半からはアクアズンバをやって、その後シャワーを浴び、昼食後は1時間ほどインターネットを使い、4時からはアーチェリー、その後プールサイドで、ラテンのレッスンを受け、その後ズンバをやりました。みんなが暑さでばてていると、インストラクターは“いつもは1時間なのよ。今日なんか、たったの30分よ。”と言っていました。でも、ぎらぎらした太陽の下での運動は本当にハードです。涼しいジムの中とは大違いです。

画像



私の日焼け後の赤いぶつぶつは、地元の薬局で買った薬をつけたら、効いてきたようです。だんだん良くなってきました。でも日焼けには要注意ですので、たっぷり全身に日焼け止めを塗っています。サレルノというナポリの近くの街から来た夫婦は、2週目ですが背中の皮がもう一皮むけています。色はきれいな日焼けというより、黒に近い色になっています。水曜に真っ白な体で到着したイタリア人たちも、もう2日も経つと皆日焼けをしています。青い目、金髪にはほどほどに日焼けした肌が似合います。

翌日は、土曜日で多くの人たちがこの島、イゾラサルのツアーに参加しました。半日ツアーと1日ツアーとあります。もう私は、最初の土日にこの島の観光はしました。今日は、お昼ごろ、海の中が見える、グラスボートに乗ります。さあ、どんなお魚が見られるでしょうか?友人は、本来は土曜も昼過ぎまで仕事ですが、今日は少し早めに切り上げるのだそうです。

画像



11時にタクシーで大急ぎで、サンタ・マリアの桟橋へ行きました。すると、桟橋にはネプチューン号のお迎えの女性が救命胴衣を持って、待っていました。私たちは、それを身につけて、桟橋の甲斐さんを降り、ゴムボートに乗り移りました。ここには、ちゃんとした港がないので、船は桟橋から数十メートルの範囲内にアンカーで停泊させているのだそうです。お客さんにはゴムボートで桟橋と船の間の送迎をしますが、地元の人は船まで泳いでいくみたいです。

ゴムボートから黄色のネプチューン号に乗りました。最初はゆっくり海の中を見せてくれるポイントまで船で走りました。船を操縦してみたいかと聞かれたので、もちろんと答えると、操縦かんをしばらく握らせてくれました。そして、最初のポイント、沈没船まで行くと、下に案内してくれました。船は階段を下りると、潜水艦のような感じになっていて、ガラス窓が並んでいました。そこから覗くのですが、今日はたった4人しか乗客がいなかったので、ゆっくりとみられました。沈没船とは言っても、船の全貌は見えず、残骸が少しあるくらいでした。魚の集まる漁礁になっていました。

画像



わたしはダイビングで、何回か沈没船に行ったことがあります。この場所でダイバーも見かけました。お魚はたくさんいましたが、それほど珍しい魚は見ませんでした。次のポイントは、海の底に立つキリスト像です。ブラジルのリオ・デ・ジャネイロにある山の上にあるキリスト像と同じような両手を広げたポーズです。4年前に、漁師たちの安全を祈るために、像を設置したとのことです。写真を撮りましたが、はっきりとは写りませんでした。

船の上では、飲み物のサービスもあり、ブラジルやカポベデの音楽も流しています。ちょっとした海のお散歩としても楽しいと思います。1時間半で、桟橋へ帰ると、ちょうどランチの時間でした。また前回と同じバラクーダというレストランで、カルパッチョとパエリアを食べました。

画像



昨日からワールド・カップが始まったらしく、今晩9時からイタリア対イギリス戦だと言っていました。ヴィラッジョにある映画観賞室の大きな画面で熱心に応援していました。顔にイタリアの国旗の三色のペイントをしている人も多いです。わたしは、前半だけ見ました。イタリアが先に1点入れて、喜んだのもつかの間、イギリスにすぐ1点取られてしまいました。後半は、テアトロ(劇場)に行って、ブラジルの舞踏カポエイラを見たので、試合は見ませんでしたが、無事イタリアが勝利したとのことで、みんなピアノバールで踊っていました。


ランキングに参加しています。下のロゴをクリックして是非応援をお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村



"グラスボートで海の中のキリスト像!イタリア人とワールド・カップの観戦!カポエイラの演技!No.17" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント