ジェノバで友人たちと再会!何度行っても新しい発見がある街ジェノバになんと日本の鎧が!!No.2

去年6月にイタリアとカポベルデに行って、帰国する飛行機の中で隣に若いジェノバのカップルが座っていました。彼らはあこがれの日本に初めて遊びに行くところでした。長い飛行機の旅の間、色々イタリアや日本の話しをしました。そのころ、わたしは新宿で働いていたので、仕事の後で彼らに新宿で会おうとしましたが、結局会えませんでした。

画像



私たち日本人が合う約束をするときは、有名な場所を選びますが、日本も新宿も全く初めての彼らにとってはその場所に辿りつくことが大変なのです。でも、その後フェイスブックで友達になって、結局新宿では会えなかったのに、親切にしてもらったと感謝されました。その後驚いたことに、自宅に大きな筒型の箱がイタリアから届きました。

中には、パティシエである若い男性の作ったお菓子が沢山入っていました。彼らが送ってから、何と1カ月近くもたっていました。クリスマスに食べるイタリアのケーキ、パンドーロやチョコレート菓子、アーモンドが入ったバーのような菓子がたくさんありました。幸い、パンドーロもまだ食べられました。作りたてに比べると、味は絶対落ちていましたが、それでも美味しかったです。

わたしはお返しに日本の食品を買って送りました。スーパーで、できるだけ日本的でかつ軽いものを選びました。食品の料金よりも送料のほうが高いくらいでした。幸い2週間弱で向こうに到着しました。日本食が大好きな彼らはとっても喜んでくれました。こんなに親切な人たちですから、是非この次は彼らを訪ねようと思っていました。

画像



火曜日の朝予定通り10時前にジェノバのブリニョーレという駅に到着すると、彼らだけでなく、彼女のお父さんまで来ていました。彼は76歳でもちろん年金生活者ですが、以前は船員として、貨物を世界中のいろんな国に運んでいたのです。日本にも何度か来たことがあるし、観光もしたことがあり、とっても日本が好きだそうです。

それで、お父さんがわたしにジェノバ観光の案内をするために、出てきてくれたわけでした。わたしがジェノバのは以前来たことがあるというと、水族館や港、コロンブスの生家に行ったことがあるかと聞きました。結局、ジェノバにある東洋博物館にまず案内してくれました。

キッソーネ博物館と言って、あまり知名度は高くないようですが、内容はかなり充実していました。特に、戦国時代の鎧のコレクションが素晴らしいです。中には子供の鎧もあって、こんなに小さいものは日本で見たことがないくらいでした。ほかにも仏具や陶器、磁器、チベットの曼荼羅などがありました。

画像



博物館は丘の上にあり、付近はちょっとした公園になっていて、ジェノバの街の景色も見えるし、滝もありました。
十分訪問する価値はあります。街の中を散歩した後、地元の有名なレストランで、彼女のお母さんも参加して、5人で食事をしました。帰りの電車は3時だったので、ランチの後はジェラートを食べて、帰路につきました。なんと、彼らからまたしても、お手製のお菓子をたくさんプレゼントされました。本当に親切な人たちです。


画像


ランキングに参加しています。下のロゴをクリックして是非応援をお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

"ジェノバで友人たちと再会!何度行っても新しい発見がある街ジェノバになんと日本の鎧が!!No.2" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント