イタリア湖水地方でトレッキング!マッジョーレ湖とコモ湖!No.10

今回の旅行の最後に行ったのは、コモ湖のレッコの近くにあるモンテバッロ国立公園です。イタリアの湖水地方にはいくつかの湖がありますが、中でも特に有名なのが、コモ湖とマッジョーレ湖です。どちらも、ミラノから電車でも車でもアクセスのよい場所にあり、1時間半ほどで行かれます。この日はとても寒く風の強い日だったので、ミラノから車で結構近場のこの場所にやってきました。

画像


コモ湖は足を広げ立っている人の形に見えるのですが、その右側の足の足元にあるレッコの近くに、モンテバッロ(バッロ山)はあります。高さは900メーターほどですが、頂上からはいくつもの湖と湖畔の町も見えて、素晴らしい眺望が楽しめます。東を見ると細長い川のようなコモ湖がくびれて、二つの湖のように見えます。西には、アンノーネ湖、プジアノ湖が見えます。

画像



この場所はわたしにとって思い出の深い場所でもありました。なぜなら、留学した前年にバルテリーナという山岳地帯のバルマジノという場所で2か月間、イタリアの環境団体レガアンビエンテのボランティアをしたのですが、そのときにボランティアの研修を1週間、ここモンテバッロで受けたのでした。

画像



現在はモンテバッロ国立公園の観光案内所兼ホテルとなっているこの建物ですが、以前はもと病院の建物らしく、殺風景な外観で、中も病室がそのまんまボランティアたちの部屋として利用されていました。一部屋に4人で、シャワー室は、シンプルなシャワーが3つ程度しかなかったので、みんなが朝晩は順番待ちでした。1階にあるバールも何気にお洒落な感じになっていましたが、すぐ隣の教会やテラスの雰囲気など昔のままでした。

画像


ここからバッロ山の頂上まではほんの30分ほどの距離ですが、素晴らしい眺望が楽しめました。上に書いたように、眼下に湖が3つも4つも見えるのです。それに他の山々もよく見えました。

画像



また別の日には、マッジョーレ湖の湖岸の町ラヴェーノをすこし散歩して、高台に登りマッジョーレ湖を上から眺めました。マッジョーレ湖には、美しい島が3つあって、それを観光船で尋ねるのが、この湖の観光の目玉となっています。特に島全体が美しいテラス状の庭園になっている島、イゾラベッラ(その名も美しい島)は、初めて来た人にはお勧めです。また、船で対岸に渡ると30分ほどで、スイスに入ります。

画像




ランキングに参加しています。下のロゴをクリックして是非応援をお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

"イタリア湖水地方でトレッキング!マッジョーレ湖とコモ湖!No.10" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント