クロアチアのルシノ島で男女一緒の全裸サウナを体験!No.4

クロアチアのルッシーノ島に滞在中に3回、下のウェルネスセンターを利用しました。一度目は、ジャグジーとプール。ジャグジーはプールサイドに四角いのが二つと、少し離れた場所にもう一つ丸いのがありました。たまたま行くと、そこに私たちのグループの人が2,3人いたので、私たちも入りました。すると、オーストリア人の大男が全裸で入ってきました。

画像



ヨーロッパ、特に北欧やドイツ、オーストリアの人たちは、みな全裸で平気でサウナに入ると聞いたことがありました。フランスやスペインにもヌーディストビーチなどがあります。でもイタリア人たちは、日本人に近く、公衆の面前でヌードになることには抵抗があります。日本人は大衆浴場には慣れていますが、普通混浴ではありません。

画像



その大男がて全裸で入ってきたとき、私たちは目のやり場に困りました。ぐいぐいと周りを押しのけるようにして身を置くと、しばらくして、イタリア語で私たちの話に加わってきました。その人は観光バスの運転手で頻繁にここにやってくるそうでした。

画像



温水プールは普通でしたが、海水でした。多少温めていましたが、基本的に寒くて長く泳いでいられません。ジャグジーが暖かいので、みなジャグジーで温まっていました。さすがにプールではみな、水着を着用していましたが、薄暗く見えるサウナのあたりは、みな全裸で歩いていました。お年寄りや中年以上の人が多くて、お世辞にも綺麗な体の人はいませんでした。

画像



イタリア人の何人かはサウナに水着を着たままで、利用したと言っていたので、わたしも一度行ってみました。すると薄暗いところに4,人全裸の人が座っていました。3人は女性で一人が男性でした。みな、白いシーツの上に座っていました。水着で座った私を見ると、みんなが白いシーツをレセプションからもらってくるように身振りで伝えようとしました。それをもらってくると、今度は入り口にいた全裸の男性がわたしにジェスチャーで、水着を取るように伝えようとしました。でもわたしは断って、白いシーツで体を包むようにして座りました。10分ほどで出ましたが、その話がもうホテルで有名になっていたようでした。

画像



夕食時にイタリア人の一人が、日本女性がサウナに入ろうとして、水着を脱ぐように怒鳴られたって聞いたけど、あなたのこと?と聞きました。なんでも、彼女はその話をサウナで知り合ったイタリア人カップルから聞いたそうで、そのカップルはサウナで知り合ったドイツ人から聞いたようです。日本人女性は私しかいなかったので、私のことでした。でも別に怒鳴られてはいませんし、脱ぐように言われましたが、脱ぎませんでした。

画像



何でも、サウナの高熱で、化学繊維でできている水着の場合は繊維が溶けて、有毒なガスを出しよくないから棉シーツを敷くそうです。裸になることに関しては、国によって全然反応が違いますね。でも、イタリア人は日本人に似ていて良かったです。

画像


ランキングに参加しています。下のロゴをクリックして是非応援をお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

"クロアチアのルシノ島で男女一緒の全裸サウナを体験!No.4" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント