クロアチアでアドリア海を見ながらトレッキングを満喫!No.5

スタジオジブリの”紅の豚”の舞台となったアドリア海は本当に綺麗な海です。クロアチアのルシノ島に5泊して、毎日5,6時間の海沿いトレッキングを楽しみました。曇りの日でも、アドリア海は明るいサファイアブルーやエメラルドブルーを魅せてくれました。海沿いには、小さな港町がありました。また、素敵なビッラが立ち並ぶエリアもありました。

画像



初日は、朝から雨だったので、合羽を着て9時に出発しました。まず、一番近くにある街、マリルシノに行きました。そこで、目の前の海から発見されたという、英雄ではないが、美しい青年のブロンズ像の博物館を見学して、それから島の東側を海沿いに北方向に歩きました。午後には雨が完全に上がって、美しい虹が出てきました。それも2本でした。


画像



翌日は、島の西側を南方向に海沿いに歩きました。30分ほどすると、メンバーの一人が突然倒れ歩けなくなったので、リーダーが救急に電話をかけて、助けを要請しました。一時間ほどで3人の赤いベストを着た救急隊員が到着しました。倒れた人は最初は足が痙攣して、まともに話せなかったのですが、そのころには話せるようになっていて、どうやら時折起こる癲癇の発作のようでした。救急隊員に頼み、彼を徒歩で30分ほどのところにあるホテルアウロラに連れて行ってもらいました。その後彼は、4日目、5日目のトレッキングには参加して、最後までコースを歩きました。

画像



トレッキング2日目のこの日は天気も良く、綺麗なビーチでランチを食べたり、夕方ホテルに着くころには美しい夕日も見られて、大満足でした。この辺の植生は地中海的まだら模様(macchia mediterranea)と呼ばれる色々な種類の灌木が緑のグラデーションを作っているような感じですが、アオノリューゼツランという巨大なアロエのような植物が印象的です。

画像


これは、日本のテレビで私も見たことがありましたが、肉厚のアロエのような植物で花茎という部分が数メートルも伸び、生涯で一度花を咲かせると枯れるそうです。そのリューゼツランがそこら中にありました。ほとんどは枯れ落ちてしまった残骸です。

画像


ランキングに参加しています。下のロゴをクリックして是非応援をお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

"クロアチアでアドリア海を見ながらトレッキングを満喫!No.5" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント