いつでも綺麗なリグーリア(ゾアリ)でトレッキング!No. 8

クロアチアから帰ってきた翌々日にリグーリアへ行きました。リグーリアに何回行ったか、覚えていません。多分15回くらいは行ったと思います。世界遺産のチンクエテッレもあります。今回行ったゾアリという町は日本では無名ですが、有名なポルトフィーノの近くにあり、ラパッロとキアバッリの間にあります。

画像



冬とは思えないほど暖かく、陽が出ていて、穏やかな日でした。でも、この日、山のほうは悪天候でとても雪上ハイキングは無理だとのことだったので、リグーリアに来たのでした。まず、最初に目に入ってきたのが美しい海です。クリスマスツリーのある広場があって、その向こうが海!その堺目にあるアーチはなんと高速道路の下にあるアーチでした。まるで、古代ローマの水道橋のようです。

画像



ちょっとビーチに寄って朝の海を見ました。光が眩しかったです。リグーリア名物のフォカッチャを買ってから、登山口へ。ハイキングルートのスタート地点は、ゾアリ駅のすぐ横でした。駅には、無料で利用できるトイレもあります。イタリアでは、駅のトイレも有料(1ユーロ)の場合が多いので、これは嬉しいことでした。

画像



今日のコースは、セクシー(sexi)という廃村の教会を目指していくので、セクシートレックだと友人が面白がっていましたが、普通のセクシー(sexy)とはスペリングが違います。山道を行くと、透明な水を湛えた池がありました。遠くに海も見えます。

画像



こんな山の中に芸術家が住んでいるようです。ユニークな作品の数々を楽しめました。特にこのフェンスに使う金網で作った人の姿が面白いですね。

画像



これが、セクシー村にあった小さな教会です。まだ時々使っているようです。でも、村には廃屋がそのまま残されていました。

画像


リグーリア特有の別荘の立ち並ぶ斜面に出ました。こんな所に別荘を持っている人は幸せですね。庭からは素晴らしい眺望が開け、坂を下っていくと美しい海が広がっています。オリーブ畑や人家の間の道を通って、無事スタート地点まで帰ってきました。

画像



海にそそぐ太陽の光は朝とは違った色合いでしたが、少し上げ潮になったせいか、海沿いの岩の上にある散歩道には、激しく波しぶきがかかっていました。

画像



ミモザの花もありました。リグーリアは冬でも暖かいので、レモンなども実っていますし、花も結構咲いています。リグーリアはいつ来ても、どの町でもいつも綺麗です。

画像



ランキングに参加しています。下のロゴをクリックして是非応援をお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

"いつでも綺麗なリグーリア(ゾアリ)でトレッキング!No. 8" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント