テーマ:モザイク

サン・フランチェスコ教会の水に漬かった黄金のモザイクの床!!(ラヴェンナ写真集No.3)

2007年4月モザイクの宝庫ラヴェンナへボローニャから日帰りで行きました。ラヴェンナの見所はポポロ広場周辺の町の中心に集中していますが、町外れにあるサンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂は見逃せません。 素晴らしいモザイクです。キリストの回りにいる羊は12使徒を表しています。何もない野原の真ん中にこの聖堂は立っています…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モザイクの宝庫ラヴェンナで絶対見逃せないネオニアーノ洗礼堂!!(ラヴェンナ写真集No.2)

2007年4月のある日、ボローニャから日帰りでモザイクの宝庫ラヴェンナへ行きました。 まず、サン・ヴィターレとガッラ・プラチーディアを見た後、ポポロ広場の南西にあるネオニアーノ洗礼堂を訪ねました。 天井のモザイクがこんなに豪華です。洗礼を受けるキリストの周りには、十二使徒が描かれています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラヴェンナの素晴らしいモザイクを見ずして、イタリア美術は語れない!!(ラヴェンナ写真集No.1)

2007年の4月、ボローニャから電車に1時間半ほど乗って、モザイクで超有名なラヴェンナへやってきました。モザイクはイタリアを旅行するとしばしば目にしますが、ここのモザイクはビザンチン文化を代表する洗練された豪華絢爛なモザイクです。以前ご紹介したピアッツア・アルメリーア(シチリア)の素朴なモザイクとは、モチーフも材料もまるで異なります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだ続く発掘作業と修復作業!2000年前の素晴らしい貴族の豪邸!(No.5)

このピアッツァ・アルメリーナの古代ローマの貴族の館は、17世紀に偶然発見されたんだそうです。 総面積は何と3500㎡で、入り口、暖房のあるエリア、居室、客室、寝室、ナジリカ、中庭、大食堂と、バランスよく構成されています。噴水や暖房に使用された水道も発見されています。 上のモザイクは、ギリシア神話に基づ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2000年以上も前にビキニを着た少女たちがいた!!(ピアッツァ・アルメリーナ写真集No.4)

2006年10月、ピアッツァ・アルメリーナのモザイクの館で見た、モザイクの模様は見れば見るほど、興味深いものばかりです。人間の生活は2000前でもそんなに違わなかったんだなァと思わせます。 モザイクの館の中には、こんな風に見学用の廊下が作ってあります。 写真が小さいと分かりにくいので、是非写真上でクリックして…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

貴族の館のモザイク模様をじ~っくり観察しました!(ピアッツァ・アルメリーナ写真集No.3)

2006年10月のある日、シチリア横断旅行に出かけた私たちは、パレルモを出発して、メッシーナ港からエオリエ諸島、カターニャ、アーチトレッツァ、そしてピアッツァ・アルメリーナに来ました。メッシーナの街角風景です。 ギリシア神話、ユリシーズの冒険に出てくる、アーチトレッツァの奇岩です。 ピアッツァ・アルメリー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2000年前の生活を彷彿とさせるモザイクの模様!!(ピアッツァ・アルメリーナ写真集No.2)

2006年10月のある日、シチリアの中央にあるピアッツァ・アルメリーナのモザイクの館へ行きました。家は”一軒”だけですが、”一見”の価値があります。(オヤジギャグで、失礼しました!) 日本とは違って、イタリアでは博物館や美術館やこういうところに来ても、当たり前のようにパンフレットはくれません。言うと、何やら渡してくれる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モザイクの宝庫ピアッツァ・アルメリーナの貴族の館!!(シチリア写真集)

車がないと行きにくいところですが、シチリアの真ん中あたりの小さな町ピアッツァ・アルメリーナには、モザイクで有名なローマ時代の貴族の館があります。保存状態もとっても良く、一見の価値があります。 町からかなり離れていますが、標識を見ながらなんとか辿りつきました。ランチを取った近くの公園です。 モザイクの家があるだけで、他…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

パレルモが誇るイタリア最大の劇場、テアトロ・マッシモと州立考古学博物館!(パレルモNo.4)

パレルモには素晴らしい劇場が二つあります。一つは、テアトロ・マッシモで、これはマッシモ(massimoは、最大の意味)の名の通り、イタリア最大の劇場でもあり、ヨーロッパでも屈指のオペラ劇場です。 建築様式はネオクラシックで、19世紀末に建てられました。ここでは、月曜日以外の毎日10時から午後3時間までの間にガイドつきツアー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダマヌールの人類の神殿は、驚きの連続!!ただし、写真禁止。

ダマヌールの受付兼レストランのビルのすぐ横には、駐車場の入り口のようなバーがあって、一般の人の入場を禁止しています。ただし、一度でもダマヌールの”人類の神殿”のツアーに参加すれば、その後は自由に出入りができるようになります。エコビレッジというイメージでやってきたのですが、意外に何かにつけてお金が掛かるところなのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モザイク芸術の宝庫ラヴェンナへ行きました!この街を見ずして、イタリアの芸術は語れない!!

2007年の4月、ボローニャから電車に1時間半ほど乗って、モザイクで超有名なラヴェンナへやってきました。モザイクはイタリアを旅行するとしばしば目にしますが、ここのモザイクはビザンチン文化を代表する洗練された豪華絢爛なモザイクです。以前ご紹介したピアッツア・アルメリーア(シチリア)の素朴なモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みなさんご存知のヴェネチア写真集 No.2 2009年5月、ついにゴンドラに乗りました!!

1回目のヴェネチアは2004年、その5年後の2009年にまた行きました。以前より暇そうなゴンドリエーラが増えたように思えます。街のあちこちで声をかけてきました。 5年前は、ヴァポレットに乗ってあちこち行きました。でも、ヴェネチアへ行ってゴンドラに乗らないのは、なんか物足らない気がして、今回は奮発しました。日中{%晴れweb…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポンペイに負けない!モザイクで有名な貴族の館ピアッツァ・アルメリーナの写真一挙公開!

車がないと行きにくいところですが、シチリアの真ん中あたりの小さな町ピアッツァ・アルメリーナには、モザイクで有名なローマ時代の貴族の館があります。ラベンナなどのビザンチン様式の豪華絢爛なモザイクと違って、とても素朴な元祖モザイクという感じのモザイクです。保存状態もとっても良く、一見の価値があります。 町からか…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

パレルモ郊外の南西、モンレアーレの美しいモザイクとキオストロ(回廊)はやはり見逃せない!

ガイドブックでも必ず紹介されていますが、やはりここの素晴らしいモザイクは見逃せません。パレルモからバスを乗り換えてでも行かれるし、車だとすぐです。ちょっとした丘の上にある小さな町ですが、ノルマン・アラブ様式のDuomoと付属の修道院の回廊が見事です!!パレルモからの半日旅行に最適です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more