テーマ:国際交流

遥かなる イタリア!イタリアの友人たちは今!?

わたしがイタリア、スペインから帰国してから、ちょうど3ヶ月が経過しました。以前とは全く異なる状況の中でなんとか生活を立て直そうとしているうちに、3ヶ月が過ぎました。仕事探し、諦め、それでも家で出来る仕事を求めて、四苦八苦の日々!それに加えて、親戚関連の問題が次々と起こり、にわかに忙しくなりました。 イタリアやス…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

9年前初めてイタリアに行って感じたこと!イタリアとスペインの違い!言葉の違い!

9年前初めてイタリアに行ったのが、ほんの”ついて”だったことを書きました。ついでとは言うものの、初めて見たローマとベネチアの街の美しさには本当に圧倒されました。ローマは見るものが多すぎて、困りました。あまりに素晴らしいものがありすぎて、だんだん感動もしなくなってしまいそうでした。ベネチアは、物価の高さには驚きましたが、独特の、いや唯一の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ギリシアのテッサロニーキでも思い出に残る出会いが!ここにも日本女性のファンがいました!No.6

北ギリシアの古い街テッサロニーキに残る世界遺産のビザンティン城壁はかなりの距離で続いていて、その下はベンチが置かれ木々があり、ちょっとした公園になっています。適当に街を海の方向に向かって降りていきました。神戸のように山側が北、海側が南なので、方向音痴のわたしでも方向を間違える心配はありません。 どんどん坂道を降りていく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

セヴィリア生活を楽しくする秘訣!色んなネットワークの活用とフラメンコショー!

去年の初めにセヴィリアに初めて長期滞在したときは、夜もあまり外出せず、土日も暇を持て余していました。最後の頃は人恋しくなってさえきました。でも、今は毎晩9時か10時頃から一人でも臆せず外出するので、夜の生活が充実しています。以前もブログでご紹介したカウチサーフィンやIntercambio de las Idiomas (語学交換会)がそ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

日本が大好きなローマの若いカップル!!イタリア人の家シリーズNo.5!

ローマに住む20代の若いカップルと知り合ったのは、インターネットのチャットでした。彼らは知り合いの知り合いから東京でのレストランの仕事と労働ビザ、宿泊を保証されたと思って、日本へ永住するつもりでやって来たのです。日本には以前観光で来たことが1回ありました。 ところがやって来たところ、当てにしていた仕事も宿泊の場所もなにもな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イタリア人の家シリーズNo.4!! ポルデノーネの音楽プロデューサーの家!

以前ポルデノーネの街をご紹介したときに、この友人のことはお話しました。知り合ったのは、今年の初めでインターネットでした。日本好きな彼女がサクラを見に4月に日本に来て、わたしが彼女の住む街を5月に訪問しました。 4月に会ったときの写真です。夜、西新宿の高層ビルの中の日本料理店に行きました。 彼女のご主人は音楽プ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア人の家シリーズNo.3! ジェノバの素敵なインテリ夫婦の家の続き!

(No.2の続きです。) わたしは、2006年11月に6回目にイタリアへ行ったときに、彼らを訪ねました。そのとき、彼女が月2回のヨガ教室でミラノへ来ていたので、彼の会社が持つミラノのアパートに彼らと共に1泊しました。翌日は、彼の車でジェノバの家へ。ヨガ教室で週末忙しかった彼女に代わって、彼がわたしをジェノバの街や、カモーリへ案内してく…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

イタリア人の家シリーズNo.2!ジェノバの素敵なインテリ夫婦の家!!

ジェノバの友人とは、2006年4月に4回目にイタリアへ行ったときの帰りの飛行機で知り合いました。わたしの隣に座っているイタリア人のカップルが日本のガイドブックを熱心に見ていたので、わたしはたどたどしいイタリア語で話しかけました。まだ、イタリア語は語学学校に通いだして半年くらいでした。 そして、彼らの日本滞在の間に1度、…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

イタリア人の家シリーズNo.1!!(お金持ちの友人の家@アーチトレッツア、シチリア)

わたしが彼らと知り合ったのは、2004年の9月、初めてイタリアへ行ったときの東京からローマの飛行機の中でした。隣に座った彼女が目が合ったときに、ニコッとしてくれたので、わたしから話しかけました。 彼らは、もう11年まえから婚約者(fidanzati)で、彼女は大学卒でDottore(学士)、多分彼も大学卒だと思います。彼女…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ヴェネチアの近くのポルデノーネで見た普通のイタリア人の生活!(No.2)

2009年5月にヴェネチアに行く前に立ち寄った小さな町ポルデノーネは緑がいっぱいの綺麗な町でした。町外れには大きな公園がありました。わたしの友人は毎日午前中はこの公園に犬を連れてお散歩に来ると言っていました。 とくにどうってことのない普通の公園で、広々していて、ちょっとした森があり、川が流れています。友人の犬ミルは水遊びが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本では全く無名のイタリアの街、ポルデノーネで普通のイタリア人の生活を体験!!(No.1)

2009年5月ヴェネチアに行く前に、ポルデノーネという街に寄りました。理由は友人宅を尋ねるためでした。彼女と知り合ったのは何とインターネットで、彼女がサクラを見に4月に来日したときに、新宿で会いました。ポルデノーネはヴェネチアまで1時間ほどの近さです。 ご主人の仕事は、音楽CDのプロデューサーです。この仕事で食べていかれる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2008年イタリア・ボランティア体験 No.1@レッコからモンテバッロ(北イタリア湖水地方)へ!!

2008年6月19日に北イタリアの湖水地方と呼ばれるアルプスの南山麓に散らばる湖の一つ、コモ湖のほとりにあるレッコの駅前にミラノから電車で行きました。その日の午後3時に駅前で中長期ボランティアに参加する人たちが集合することになっていました。その頃イタリア全土では、異常気象なのか、毎日雨が降り続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴミ問題や映画”ゴモーラ”で悪名高くなってしまったナポリは、やっぱり魅力的!

ローマから電車で2時間でナポリに着きます。イタリアに行きだしてから、4年目、7回目の2008年6月の旅行でようやくナポリへやってきました。今までナポリへ来なかったのは、やはり泥棒やスリが多いとか、イタリア人でもナポリやナポリ人(Napoletano)のことを悪く言う人が多いせいかもしれません。2008年の暮れ頃から…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

信じられないほど美しいピエモンテの山の景色!!まるで、東山魁夷の世界!

ダマヌールがあるピエモンテの山岳地帯(Alto Canavese)は、州立公園にもなっていて、自然がとても綺麗です。車がなかったので、徒歩であちこち近郊を歩き回りました。 同じゲストハウスに住んでいたドイツ人の男性と一緒に散歩しました。ブラッド・ピット似のかなりのイケメンですが、…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ダマヌールの人類の神殿は、驚きの連続!!ただし、写真禁止。

ダマヌールの受付兼レストランのビルのすぐ横には、駐車場の入り口のようなバーがあって、一般の人の入場を禁止しています。ただし、一度でもダマヌールの”人類の神殿”のツアーに参加すれば、その後は自由に出入りができるようになります。エコビレッジというイメージでやってきたのですが、意外に何かにつけてお金が掛かるところなのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピリチュアルなエコ・ヴィレッジ、ダマヌールとは??     (トリノ郊外、ダマヌールNo.1)

日本で”ソトコト”というスローライフを提唱している雑誌で、イタリアのピエモンテ州のアルプスの麓にあるエコ・ヴィレッジ、ダマヌールを紹介している記事を読んでから、訪問したいと思っていました。トリノからローカル線に乗って1時間くらい行った所にある、本当になににもなさそうな田舎の駅で待っているとお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more