テーマ:世界遺産

巨人の両手に支えられたゴールデンブリッジはダナン観光の目玉!No.7

ダナンから車で1時間ほどの距離に一大遊園地があります。バナヒルズと言って、世界最長15キロのロープウェイによってアクセスする山の中腹にある遊園地です。ロープウェイを数回乗りついで、ゴールデンブリッジやフランス風の街並みのある地域、LOVEをテーマとした公園、遊園地の乗り物のエリア、ベトナム寺院のエリアなどを訪ねていきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダナンには口から火を吐くドラゴンがいる!ベトナム中部No.6

ヒルと豪雨に苛まれたバクマから逃げるように、ダナンに来ると、ダナンは近代的な大都市でした。街の中心には、観光の中心、ドラゴンブリッジがあります。ダナンのホテルは、街の中心部から2キロほど離れていましたが、海岸(ミーケビーチ)の近くでした。ちょうど、大晦日と年末年始を含む3泊をダナンで過ごしました。 ドラゴンブリッジは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産フエの王宮遺跡観光!観光船に住む家族!No.4

翌日はフエ観光です。フエは、ベトナムの最後の王朝グエン王朝の都で、ユネスコの世界遺産に登録された美しい古都です。まず、皇帝が乗っていたというドラゴンボートを模した観光船に乗って、街外れにあるティエンムー寺に行きました。 ドラゴンボートにはベトナム人家族が住んでいました。夫が船長、妻は幼子3人を育てながら、船の上で家事育…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドンホイからフォニャ洞窟観光!北緯17度線!ベトナムNo.3

ホーチミンに3泊して、4日目の朝jホーチミンから飛行機で中部の都市ドンホイに行きました。5日目は、ドンホイから洞窟観光で有名なファニャに行きました。バスの観光ツアーに参加して、まずパラダイスケーブ、ランチの後は、ファニャケーブに行きました。(写真はドンホイ) パラダイスケーブは、バスを降りてから、山道を20分ほど登り、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

素晴らしいヒンズー教寺院プランバナン、スルタンパレス No.5

インドネシア旅行5日目は、ジョグジャカルタにあるスルタンの宮殿、夏の宮殿(ウオーターパレス)を訪ね、その後仏教遺跡の世界遺産ボロブドゥール遺跡に匹敵するヒンズー教寺院の世界遺産、プランバナンを見学しました。インドネシアでは、教徒の人数から言うと圧倒的にイスラム教徒が多いのですが、島や地域によって、イスラム教徒の多いところ、ヒンズー教徒の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャワ島観光、素晴らしい世界遺産ボロブドゥール No.2

仕事復帰後の1週間は雑用もあり忙しく、ブログの更新が遅くなりました。今回のツアーは現地の旅行会社が計画、手配をしてくれたプライベートツアーで、出発地がジョグジャカルタ、終点がバリとなっていました。日本からは、ジャカルタ、バリまでなら直行便があります。もう計画時点において、バリ直行便のフライトはどの航空会社も満席状態だったので、ジャカルタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エオリア諸島のリパリ島で鉱物採集!帰りは一人脱落者が出たものの、無事ミラノ着。2016-17No.8

楽しかった5日間も終わって今日は1月2日、帰路に就く日です。出発時間は夕方6時。それまでの時間は基本的に自由となっていましたが、リーダーの企画でほとんどの人達が一緒に行動しました。リパリ島にある軽石やオッシディアーナという黒い美しい石が採集できる場所にいきました。 最初は片道だけタクシーで行くことになっていたのに、結局…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大迫力の火山の噴火を見られるストロンボリ島! 帰りは楽しく砂走り!! 2016-17 No.7

サリーナ島に行って、帰りの船が運行中止で困った私達を救ってくれたのが、コルボ(カラス)船長でした。彼の船でストロンボリ島に行こうという、元のプログラムにはなかった企画をリーダーが言い出したのが、2日前。乗船料として一人50ユーロ、そして活火山を案内してくれる現地ガイドに一人28ユーロかかるということでした。最初、あの船には人数分のライフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エオリア諸島のブルカーノ島はイタリア版”大涌谷”!硫黄の臭いの立ち込める地獄のような景色!No.5

2016年大晦日のトレッキングはエオリア諸島のブルカーノ島へ行きました。その名が、火山です。まさに火山があるだけで、観光に従事しているわずかな人たちが住んでいるだけです。船がブルカーノ島に到着すると、まさに目のまえに、大涌谷のような景色がありました。ちょっと高いところがあって、そこに登り、それから火山という標識に従って道を進んでいきまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エオリア諸島のサリーナ島からの船が突如欠航! あわや野宿かと思いきや。2016-17No.4

美しい海を眺めながら楽しくトレッキングして、教会でプレゼペを見たり、バールでお茶を飲んで時間調整をして出向予定の時間の10分ほど前に水中翼船の乗り場に行くと、なんと今朝の強風のせいで、午後便は欠航になったとのこと。他にリパリ島に帰る手段はいのに一体どうする? 単独や少数人数の旅行者なら諦めて、一晩現地に泊まるしかないで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エオリア諸島のリパリ到着!”イル・ポスティーノ”の舞台、サリーナ島でトレッキング!No.3

27日にリパリ島に到着するとすぐ、考古学地質学博物館に行きました。考古学関連の展示物はイタリアのどの都市にもありそうな、発見された陶器や金属器の展示でしたが、火山関連は初めてでした。が、内容が余りにも専門的で写真や文章による展示が多く外国人の私にはとても理解できませんでした。なにせ、火山、溶岩、噴火程度のイタリア語は知っていても、軽石や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミラノからエオリア諸島までの長い道のり!イタリアの新幹線と怖~い寝台車!2016-2017 No.2

今回のエオリア諸島の旅行は、トレッキング・イタリアという以前はNPO、現在は旅行会社のようになったトレッキング企画専門のところが企画した年末年始のツアーの一つです。私が以前ミラノに1年間留学したときは、よくここの日帰りトレッキングに参加していました。そのおかげで、ミラノに友人が沢山できたました。 今回のような数日間の旅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドロミテのゾルドで大粒のヒョウが降った8月15日、近くの山プランペールでは美しい景色を堪能!No.6

イタリアのお盆8月15日には、家族が集まって特別なランチを楽しみます。わたしたちも、友人のご家族(ご両親)から、ランチにご招待をいただいたのですが、ご遠慮して二人で山に行きました。B&Bのあるプロロンガから車で15分ほどのマルガ・プランペールからミニバスが出ています。それに30分ほど乗って、リフージョ(山小屋)に着き、登山口がそこから始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドロミテ渓谷で絶対見逃せないのが、メイスナー山岳博物館!ドロミテの絶景を楽しめる場所です!No.5

ドロミテ2日目は、リテ山の山頂にあるメイスナー博物館へ行きました。そこまでは、山を片道2時間ほど登らなくてはいけません。ただ、歩くのが苦手な人たちのために、ミニバスのサービスはあります。大抵の人たちは、行きは歩いて登り、帰りはバスに乗るようです。でも、帰りのバスは大変混雑するため、1,2台は待たなければならないかもしれません。でも、それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドロミテ渓谷の素晴らしさを体験した日々!ベネチアの繁栄を支えたゾルド渓谷の鍛冶場!No.4

世界遺産のドロミテ渓谷は日本でも結構知られています。わたしが地元で入っているハイキングクラブの人たちも旅行会社の企画するドロミテのトレッキングツアーに参加して、十日間歩いてきたそうです。天気にも恵まれ、美しい高山植物にも出会い、大満足のツアーだったそうです。わたしは、5泊6日間フォルノ・デ・ゾルドという町のB&Bに泊まりながら、そこから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産もある見どころ満載のハノイの街の散策は、手に汗握る大変さ!道路が怖くて渡れない!!No.11

ベトナム旅行最終日にハノイを1日自力で観光しました。ホテルでは、ランチ付きの半日観光が”たったの38ドル!”とか言っていましたが、ベトナムの物価を考えると、大変高額です。地図で見ると、ホテルが旧市街にあったので、行きたい観光地はすべて徒歩圏内にありました。ハノイの道路は信号が少なく、ほとんどの道路は川のようなバイクの流れに飛び込んでいく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

世界遺産のハロン湾2日目はモンキーアイランドでリゾートライフ!!No.10

ハノイからバスで片道4時間の世界遺産のハロン湾に2泊3日で遊びに行きました。1泊目はクルーズ船で泊まりましたが、船の上とは思えないほど、海が完全に凪いでいて、全く揺れませんでした。翌朝は、別の島(Cat Ba島)で船から降りて、バスで40分ほどかかって反対側の港へ行き、そこから小さな船で、別の小さな島、モンキーアイランドへ行きました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さすが世界遺産のハロン湾!!風光明媚な景色と楽しいクルージング!!No.9

北ベトナムのバベ国立公園から一気にハノイに帰ってきました。久々に見るハノイの街は、さすが大都会という印象でした。もちろん、道にはゴミが落ちていたり道端で人々が座り込んで、料理をしたり食べたりお茶を飲んだりと、日本の都会とは全く異なる雰囲気です。道には絶えることのないバイクの流れがあり、その騒音も排気ガスもすごいです。一晩ハノイに泊まり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドシナ半島最大の湖バベに広がる大自然!!9日間お世話になったガイドさんとのお別れ!No.8

北西ベトナム旅行の最終日、9日目は、インドシナ半島最大の湖バベ湖の遊覧から始まりました。以前の川下りと同じような大きさの舟だとガイドさんが言ったので、私たちはまた水が入ってくるかもしれないと思い、上下防水対策としてレインウェアーを着ました。実は、湖だとは知らず、大きな川だと思っていたのでした。湖なので、湖水はいたって静かでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北ベトナム2週間の旅、知られざる北ベトナムの少数民族! ハノイ、ハロン湾!!No.1

去年の暮から2週間北ベトナムを旅しました。5年前にホーチミンを5日間観光しましたが、今回は2週間の長旅でした。ベトナムの旅行会社に依頼して、2週間のプランを作成してもらい、ホテル、車、ガイドなどの手配もやってもらいました。ハノイから高速バスで、サパにi行きガイドと落ち合って、北の山岳地帯に住む少数民族の村を訪ね、素晴らしい棚田の景色など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バルセロナのサグラダ・ファミーリア大聖堂は、予定よりも早く完成するらしい!

ふたたび、スペインの話題をお届けします。バルセロナの有名なサグラダ・ファミリア教会についてです。有名な建築家アントニオ・ガウディの代表作として、世界遺産にも認定された、未完の大聖堂が当初言われていたよりもすっと早く完成の見込みだそうです。みなさんは、この記事をお読みになりましたか? 未完の大聖堂 サグラダ・ファミリア、20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

数あるイタリアの美しい街の中でどこが一番きれい?わたしが一番好きな街はどこ?

14回イタリア旅行または滞在をしました。記事の両脇サイドのリンクをご覧になっていただければ、わたしが訪ねたすべての街の旅行記があります。是非ご興味がおありの街のリンクをクリックしてご覧くださいね。また、右サイド上にこのブログ内の検索が行える窓があります。そこに街の名前を入れていただければ、関連の記事が出てきます。是非一度お試しください。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア旅行14回のわたしが最初にイタリアに行ったのは、ほんの”ついで”だった?!

初めてイタリアに行ったのが、もう9年前になります。それから、14回も行ってしまったわけですが、最初に行ったのは、偶然というか、”ついで”だったのです。このブログを書き始めたのは、4年前ですが、最初からお読みくださっている方は、覚えていらっしゃるかもしれません。 9年前に、久しぶりにヨーロッパに行きたくなりました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギリシアのテッサロニーキでも思い出に残る出会いが!ここにも日本女性のファンがいました!No.6

北ギリシアの古い街テッサロニーキに残る世界遺産のビザンティン城壁はかなりの距離で続いていて、その下はベンチが置かれ木々があり、ちょっとした公園になっています。適当に街を海の方向に向かって降りていきました。神戸のように山側が北、海側が南なので、方向音痴のわたしでも方向を間違える心配はありません。 どんどん坂道を降りていく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

テッサロニーキには世界遺産のビザンチン城壁、アゴラ遺跡、アギア・ソフィアなどなど見所満載!No.5

ギリシアには、ユネスコの世界遺産の中の文化遺産に属するものが16点ありますが、テッサロニキにはそのうちの一つとして、”初期キリスト教とビザンティン様式の建造物群”があります。キリスト教の教会、聖堂、僧院のほかに、前回の記事でご紹介したロトンダ、街の城壁、ビザンティン浴場などが含まれています。わたしが見ることができたのは、そのうちのいくつ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ギリシアの古都テッサロニーキの見所をご紹介!街中に遺跡がゴロゴロ、海岸沿いの散歩道!No.4

アテネと比べると、ほとんど日本では知られていませんが、テッサロニーキはギリシア2位の大都市なのです。歴史も古く、見所もたくさんあります。が、わたしが到着した日の印象は、薄汚れた街という印象でした。でも街のさまざまな見所を見学し、さらに街からペッラ遺跡や美しい海の町アフィトスまで行ったりした後では、かなり好印象へと変わりました。 …
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

ギリシア2日目はテッサロニーキ郊外のペッラ遺跡へ!ギリシア旅行No.2

今回は、ギリシアのテッサロニーキに3泊で最終日の飛行機は夜10時だったので、ほぼ3日半時間がありました。街だけだと、時間を持て余しそうなので、郊外に行くことにしました。事前のリサーチをもっとやっておくべきでした。今回パソコンも持参しなかったので、ホテルの人に聞いて、郊外の観光地を推薦してもらいました。ペッラ遺跡とオリンパス山のことを聞き…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本では全く無名のテッサロニーキという古い歴史の街に初めてのギリシア旅行!その印象は?

1週間前にセヴィリアからミラノへ移動しました。ミラノでは滞在期間はわずか2週間です。以前からずうっとギリシアに行ってみたいと思っていました。今回格安航空のライオネアーで、テッサロニーキというギリシア北部の街にミラノから行ってきました。事前にネットで調べた情報では、遺跡あり、綺麗な海ありだと思っていました。果たして、初めてのギリシアの印象…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

世界遺産ドニャーナ国立公園のツアーで見た自然の楽園!エル・ロシオ博物館での素晴らしい出会い!No.3

世界遺産のドニャーナ国立公園を見たくて、セヴィリアからエル・ロシオまで行きました。朝からの半日ツアーに参加するために、前の晩は泊まりました。翌日の朝7時半に町の旅行会社のオフィスに集合しました。幸い良いお天気です。この真っ青な空を見ていると、雨が降る日があるのが、信じられないくらいです。ガイドさんは、スペイン語と英語のバイリンガルのスペ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

興味深いエル・ロシオ博物館と巡礼のお祭り!馬が闊歩するエル・ロシオは西部劇に出てきそうな町!No.2

世界遺産のドニャーナ国立公園に行きたくて、エル・ロシオの町にバスで到着しました。前回の続きです。ホテルの近くにある、ロシオ博物館に入ると、お客はわたしだけで、スタッフがところどころ英語で説明をしてくれました。説明はすべて、スペイン語のみで書いてあったので、読むのも大変です。この博物館のテーマは三つ、ひとつはドニャーナ国立公園、もう一つは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more