テーマ:パレルモ近郊

シチリアの田舎町がなんでこんなに美しいの?!(カステッラマーレ・デル・ゴルフォNo.3)

2006年10月のある日、パレルモから車で行った、カステッラマーレ・デル・ゴルフォのスコペッロ(Scopello)という街は、日本では全然知られていない、ただの田舎町なのに、ほんとうに可愛い街でした。 暑いためか、人通りがありませんでした。イタリアではローマを初めとして、石畳の街がたくさんあります。見た目はいいですが、車の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

信じられないほど透明で美しい海@カステッラマーレ・デル・ゴルフォ!!(カステッラマーレNo.2))

2006年10月、パレルモとトラパニの間にある、美しい海で知られる、イタリア人の夏のバカンスの場所、カステッラマーレ・デル・ゴルフォに行きました。水が透明なばかりでなく、風光明媚なところです。 たまたま車を停めて休憩した場所の近くでも、海水浴をする人たちがいました。 さらに行くと、美しい景色が目に…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

イタリア人の夏のバカンスは、カステッラマーレ・デル・ゴルフォで!(シチリア写真集)

2006年4月のある日、パレルモから友人と車でカステッラマーレ・デル・ゴルフォ(Castellammare del Golfo)へ行きました。ここは、シチリアのその他の街同様に、複雑で長い歴史を持っています。 カルタゴ、フェニキア、ギリシア、ローマ、アラブ、ドイツ、ノルマン、スペインのアラゴン王国と、次々にいろいろな民…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

霧に霞む謎の城と”殺戮”のようなマグロ漁で知られる島!(ファヴィニャーナ島No.4)

エガディ諸島にはファヴィニャーナ島以外にもレヴァンツォ、マッレッティモという島があります。やはり、海がきれいで、自然の豊富なところのようです。でも、ファヴィニャーナ島が一番大きいです。 実は軍事施設だったようなお城の霧に霞む神秘的な写真です。 調べても結局何だったのかわからなかったのですが、多分大…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ファヴィニャーナ島の謎のお城とは?!(シチリア写真集-ファヴィニャーナNo.3)

2006年10月のある日、ファヴィニャーナ島の山の上にある謎のお城を目指して、道なき道を登り始めました。 町が下のほうに広がります。 途中迷子の子ヤギを見つけました。 お母さんから逸れてしまったようです。気になりますが、連れて行くわけにもいかず、無事を祈って後にしました。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ファヴィニャーナ島の海のサンクチュアリー!!(シチリア写真集-ファヴィニャーナ島No.2)

ファヴィニャーナ島の島内観光バスに乗ったら、海のサンクチュアリーに連れて行かれました。確かに海の色がとても綺麗です。 サンクチュアリーの説明の看板がありました。 しかし、シチリアには驚くほど綺麗で透明な水のところがほかにも沢山あるのです。例えば、以前ご紹介したCastellamare del Golfo (カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海の美しいエガディ諸島のファヴィニャーナ島は自然の豊かな美しい島!!(シチリア写真集)

2006年の10月、トラパニから船で、エガディ諸島のファヴィニャーナ島へ行きました。この記事は、以前書いた記事、海のきれいなファヴィニャーナ島の補足の写真集です。 トラパニの港から、この船に乗りました。 ファヴィニャーナ島が見えてきました。ギリシアの島のような気がしました。 島の港の風景です。島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラパニの何気ない街角の風景と面白い広告!!(シチリア写真集-トラパニNo.4)

トラパニの塩田をご紹介しましたが、塩田の辺りはシチリア最西端の湿原として、州立公園にもなっています。水鳥が沢山くるようです。わたしが行ったのは、暑い日中でしたが、夕焼けが最高に美しいとトラパニ観光のウェブサイトに書いてありました。なんと、塩田ごとに異なる色に染まるそうです。ピンク、オレンジ、ゴールデン?!といったぐあいに!?わたしももう…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

塩の博物館前から、遺跡の島モツィア島へ!!(シチリア写真集-トラパニNo.3)

ここトラパニの塩の博物館の前は、小さな港になっていて、フェニキア、カルタゴ時代の遺跡の島、モツィア島へ船で行くことができます。 船はある程度お客さんの人数が揃ったら出航するようで、運航間隔は30分から1時間くらいです。出航まで暑いので、港の前にある、南の島のリゾートにありそうなカフェで待ちました。 船…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パレルモが誇るイタリア最大の劇場、テアトロ・マッシモと州立考古学博物館!(パレルモNo.4)

パレルモには素晴らしい劇場が二つあります。一つは、テアトロ・マッシモで、これはマッシモ(massimoは、最大の意味)の名の通り、イタリア最大の劇場でもあり、ヨーロッパでも屈指のオペラ劇場です。 建築様式はネオクラシックで、19世紀末に建てられました。ここでは、月曜日以外の毎日10時から午後3時間までの間にガイドつきツアー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パレルモの観光名所をもう一度ご紹介!クリスマスのプレゼーピオも(シチリア写真集-パレルモNo.3)

わたしが初めてパレルモに行ったのは、2005年11月でした。まだ日中の日差しは強く夏のような気候でしたが、店のショーウィンドウにはクリスマスの近いことをつげるものを売っていました。これは、プレゼーピオです。 プレセーピオ(presepio)とは、キリスト降誕の場面を人形で表現したもので、年末年始にかけてカトリックの家庭に飾…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

意外に緑の多いパレルモ!!旧市街と新市街はまるで別の街!(パレルモ写真集No.2)

パレルモは、乾燥していて、埃っぽい感じがしますが、結構、緑は多いです。街中にも、海沿いにも公園や植物園があって、庶民の憩いの場となっています。 海沿いの公園です。家族でスポーツを楽しんだり、語らったりしています。 パレルモ出身の陶芸作家ニーノ・パルッカ(Nino Parrucca) の作品である陶製のベンチが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シチリアNo.1の大都市パレルモの観光客の知らない素顔!!(シチリア写真集-パレルモNo.1)

パレルモには、2005年11月に初めて行き、その後パレルモの友人を訪ねに、3回行きました。前夜ローマに泊まり、翌朝ローマからパレルモへ飛びました。パレルモ空港に近づいてきました。 空港は別名プンタライシPunta Raisi)と呼ばれています。空港を降りると、目の前に大きな岩山があります。これが後でだんだん分かってきました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知られざる、イタリア人のためのシチリアの美しいリゾート、モンデッロ!!(シチリア写真集)

2006年4月にパレルモの近くにある、イタリア人の間では有名なリゾート、モンデッロへ友人と車で行きました。行政上は、モンデッロはパレルモ市の一部で、昨日ご紹介した聖ロザリア教会のあるペレグリーノ山の向こう側にある湾の回りに広がっています。 夏の間は海水浴場として、すごく混雑します。わたしが行ったのはまだ4月でしたが、それで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

パレルモの守護神、聖ロザリアの岩窟教会の写真集!(シチリア写真集)

イタリア好きの皆さん、お待たせしました!北海道の旅行記が終わり、またシチリアにテーマを戻したいと思います。 このブログを始めたばかりの頃にご紹介した、パレルモの守護神聖ロザリアの岩窟教会の記事の補足として、前回の記事ではお見せできなかった写真をご紹介いたします。 パレルモ湾の北にあるペレグリーノ山の崖の上から…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

奇怪な生き物たちの彫刻で有名なバゲリアのパラゴニア荘!!(シチリア写真集-バゲリア)

2006年4月にパレルモから日帰りで、バゲリアへ行きました。わたしは、どこかの雑誌で紹介された記事を読んで是非行きたいと思っていました。 パレルモに住む貴族達の夏の別荘があったバゲリアには、今でも沢山ヴィッラが残っています。そのいくつかは見学することが出来ます。一番有名なのが、パラゴニア荘です。 この別荘の入…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

シチリアの普通の漁村なのに美しいチェファル!!(シチリア写真集ーチェファル)

2006年4月にパレルモに住む友人がチェファルに車で連れて行ってくれました。日本では知られていない街ですが、本当に美しい街です。アマルフィもチンクエテッレもそうですが、イタリアでは山を背景にして、海にせり出すような立地の街が多いですね。海と山と街のコントラストが美しい景色を作っています。 チェファルへ行く途中に、Termi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霧に隠された山頂の謎の廃墟とは!?エオリエ諸島に匹敵する海の美しさエガディ諸島!

トラパニから船で1時間くらいで、エガディ諸島の一つ、Isola Favignana(ファヴィニャーナ島)に到着します。ここは、有史以前から人が住んでいたところで、フェニキア人、カルタゴ人、ローマ人、アラブ人、ノルマン人と色々な民族が次々とやってきました。以前は、マグロ漁で栄えていましたが、今は観光が一番の産業となっています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何気ない田舎の町がなんでこんなに美しいの!?カステッラマーレ・デルゴルフォ!

パレルモとトラパニの間に全然有名ではないがめちゃくちゃ美しい海と可愛い町 Castellamare del Golfo (湾に面した海の城)がありました。なんでこんなに海の水が透明なのか?なんで町がこんなに静かで可愛いのか、不思議なくらいです。 路地からの眺めです。 ピッツエリアの看板です。 この町のすぐ近…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

パレルモ郊外の南西、モンレアーレの美しいモザイクとキオストロ(回廊)はやはり見逃せない!

ガイドブックでも必ず紹介されていますが、やはりここの素晴らしいモザイクは見逃せません。パレルモからバスを乗り換えてでも行かれるし、車だとすぐです。ちょっとした丘の上にある小さな町ですが、ノルマン・アラブ様式のDuomoと付属の修道院の回廊が見事です!!パレルモからの半日旅行に最適です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビーナスの城ほか、古くて可愛い教会がいっぱい!山の上の聖なる街エリチェ!

エリチェはパレルモから電車でトラパニへ行き、それからバスで簡単に行かれます。バスの本数も結構多い(確か30分に1本くらいはある)ので、車がないと行きにくい他のシチリアの都市とは違ってアクセスが楽です。パレルモからの日帰り遠足の場所としてお奨めです。 標高750メートルの山の山頂に建設されたのは、紀元前8世紀ごろとのことで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラパニは塩田で有名な町です!

最初に塩田のあるトラパニへ、パレルモから電車で行ったときは、塩田まで10キロもあると知りませんでした。タクシーを頼むとえらく高かったので、計画変更して、バスで簡単にいけるエリチェへ行ってしまいました。(エリチェについてはまた別の機会にお話しします。すっごくきれいな街でした。) でも2回目にして、ようやく友人の車で塩田まで無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やはり忘れてはならない独特な雰囲気のパレルモ!

パレルモには何回も行き、メルカートで買い物をして、料理をしたり、多少住んだとも言えます。ギリシア、ローマ、アラブ、ノルマンと色々な文化の影響を受けて、独特な景観の建物が存在します。古い街でちょっと汚れた感じもあるのですが、ゲーテは”世界でもっとも美しいイスラムの都市”と絶賛したそうですし、イタリア人自身もパレルモを”Bella!(美しい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パレルモの守護神聖ロザリアの岩窟教会はとっても素敵でした!それにポルチーニも!!

パレルモ湾の北にあるペレグリーノ山の崖の上にはとっても可愛い洞窟の教会があります。17世紀にその山に住んでいた聖ロザリアの骨をパレルモに持ち帰ったところ、そのころ流行っていた病が一気に収まったそうです。それ以来その場所に教会を建て、聖女を祭っています。パレルモの守護神ですが、とっても人気があります。 とくに病気の人がお祈りに来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3回目、4回目はシチリア旅行

3回目のイタリアからは一人旅をするようになりました。1回目の旅行の後で、NHKラジオのイタリア語を聞くようになり、簡単なフレーズや数の数え方くらいは覚えていきました。 パレルモで知り合ったイタリア人男性がパレルモ周辺の街へ連れて行ってくれました。パレルモ周辺の見所と言うと、Monrealeくらいしか、わたしの持ってるガイドブック(地球…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more