テーマ:セヴィリア滞在

スペイン人、時計を1時時間遅らせることを検討!そのほうが、生活にマッチしそう。

スペイン関連の興味深い記事を発見しました。たしかに、”時計のほうが間違っている”というスペイン人の指摘は正しいと思います。スペインの朝8時はまだ暗く、9時頃からようやく人々が活動を始めるという感じです。そして夜は、夏など9時半ころまで明るいのです。1時間どころか、2時間くらい遅らせてもよさそうです。 以下は、毎日新聞からの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリアにはマックがあるがスターバックスがない理由とは!?

スローフードの国イタリアにも、マックやケバブがあって、結構人気があることを前回書きました。マックとスターバックスはアメリカ資本の国際的チェーンとして、全世界に展開されています。ところが、イタリアにはありません。なぜでしょうか? 一時スターバックスがイタリアのマーケットに入ってきましたが、撤退しました。 それは、イ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア、スペインでのショッピングは日曜以外に!お店も午後は昼休みの休憩あります。

日本全国どこにでも、コンビニがありますが、イタリアにはありません。コンビニ、もとはコンビーニエンス・ストア(便利な店)は、アメリカ生まれです。ハワイやグアム、サイパンに行くと、そこらじゅうにABCストアがあります。ところが、ヨーロッパではほとんど見かけたことがありません。 そもそも、イタリアの店は、日本のように開店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カトリック国イタリアとスペイン!!人生における宗教の意味とは?!お祭り、結婚式etc.

イタリアもスペインもカトリックの国です。イタリア人はほぼ全員カトリック教徒として洗礼を受け、結婚式は教会で行います。市役所でも同時に結婚の届けを行います。その点においては、スペイン人も同様です。そして、日本で言えば、七五三のような子供の成長をお祝いするのが、コムニオーネといって、カトリックの重要な行事です。 でも、どっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア、スペイン、日本、どこが一番暮らしやすいか?物価、生活の質、幸せ度!

わたしの母国はもちろん日本ですが、わたしはイタリアもスペインも何回も旅行し、中長期の滞在をしてよく知っています。この3つの国を色んなポイントで比較して、どこが一番住みやすいか、一番住みたい国かを考えてみました。 まず、住みやすさのポイントです。 物価が一番高いのはもちろん日本! なにせ、トマト1個、リンゴ1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペインの代表的お料理パエリアの私的作り方!

パエージャは決して、難しい料理ではないのです。大胆に、そのとき家にある米、野菜や肉、魚などを入れて、サフランまたはカラー用の粉を使って作ればいいのです。わたしはミックスタイプのパエージャが好きです。イタリア人に言わせると、魚介類と肉を一緒に使うのは、ご法度!絶対にダメだといいます。 でも、スペイン人はわりと気にしないというか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペインの代表的料理パエリアは、男性が作る料理!

9月になりましたが、今日も残暑です。みなさま、お元気ですか?今日はスペインの食べものについてです。何と言っても、スペイン料理でいっちば~ん有名なのは、パエリアまたはパエージャです。日本ではパエリアということが多いすが、スペイン語ではパエージャと発音します。 ようするに大きなフライパンでお米や野菜、肉または魚介類を一緒に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日曜の夜は特別なセヴィリアの人たち!ビールがとっても美味しいセヴィリア!

みなさん、こんにちは!こちら埼玉では、とっても涼しいです。でも、お天気は相変わらずぱっとしません。わたしが参加しているハイキングクラブでも、ここ3週間は天候不順で、ハイキングがキャンセルになっています。さて、今日は日曜日です。日曜日だとセヴィリアに関して思い出すことがあります。 セヴィリアの人たちは、本当に夜更かしで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わたしの人生最初の海外旅行先ははスペインだった!現在とは全く違う旅行の仕方!

みなさん、こんにちは!わたしがウン十年前に初めて行った外国がスペインでした。というのも、わたしは大学でスペイン語を専攻していました。実は大学で夏に、スペイン大使館と合同でチャーターした飛行機があって、わたしたち学生はそのチャーター便に特別料金で乗れました。出発は7月のある日、帰国は9月のある日の2ヶ月間。初めて、首都マドリッドへ行き、そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

セヴィリアの青い空! 時には大雨が続くことも!

みなさん、こんばんは!日本はよく降りますねぇ。セヴィリアって言うと、真っ青な空がイメージです。セヴィリアの空は、本当に他では見ることができないくらい、真っ青な空なんです。たとえば、この写真を見てください! 空が真っ青だと、白壁の家が映えます。 ギリシアもそうですが、アンダルシーアも、真っ青な空と真っ白な家々の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまにはスペインも!セヴィリアと東京の夏、どっちが暑いか、耐え難い?

みなさん、9月になっても蒸し暑いですね。最近は雨が異常に降りますね。わたしはクーラーをほとんど使わない人なので、今日は部屋の中がむうっとしています。こんなときでも、体の一部を冷やすと格段に涼しいので、アイスノンを使っています。寝るときもアイスノン枕で、快適に睡眠できます。 しばらく、イタリア関連の記事が続きましたが、こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

セヴィリア生活を楽しくする秘訣!色んなネットワークの活用とフラメンコショー!

去年の初めにセヴィリアに初めて長期滞在したときは、夜もあまり外出せず、土日も暇を持て余していました。最後の頃は人恋しくなってさえきました。でも、今は毎晩9時か10時頃から一人でも臆せず外出するので、夜の生活が充実しています。以前もブログでご紹介したカウチサーフィンやIntercambio de las Idiomas (語学交換会)がそ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

セヴィリアの有名な観光地トリアナを現地ガイドと歩いた3時間は、地元の人にとっても驚きで一杯!

セヴィリアでは毎週火曜と木曜に決まったバールでInrercambio de las idiomas(言語交換、つまり語学習得を目的とした集まり)が無料で行われていますが、日曜の散策はその一環として、2ユーロを払いましたが、ガイドがトリアナの知られざる逸話や名所を案内してくれました。 外国人の私たちにとって興味深かったば…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カトリック国スペインは宗教関連の行事がいっぱい!たまたま5月はコムニオン(聖体拝領)の月!

昨日は、朝11時前から通りで大きな楽団の音が聞こえてきたので、とりあえず何なのか見に通りにでました。アパートの前の狭い道を楽団が通っていくところでした。スペインでは宗教関連の行事が年がら年中あるようです。このときに家を出て、そのまま1日外出しました。お昼の12時にトリアナのイザベラII世橋の手前のチュレリア(揚げ菓子のチューロスを売る店…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

セヴィリアで聞いた日本人関連のインクレダブルな面白いお話3つ!

スペイン人と知り合うと、大抵親戚の誰かが日本人と結婚しているとか、または自分に日本人の友達がいるとか、または日本に旅行か仕事で行ったことがあるとか、話しかけてきます。それにしても、昨日聞いた話は本当に信じられないくらい不思議で、映画にできそうな話ですので、みなさまにお裾分けさせていただきます。 昨日のカウチサーフィンの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

出会いがいっぱいで楽しいセヴィリア生活!約束をすっぽかされ、トリアナへいくと珍しいお祭りが!!

前回の続きです。写真はすべてセヴィリアの写真ですが、本文とはあまり関係ありません。帰って早めの夕食を食べ、近くにあるアラメーダという広場に行きました。マドリッドからセヴィリアへ来る特急の中で知り合ったセビリアの男性と9時に待ち合わせでした。彼とはフェイスブックでの友人で、電話番号はまだ知りませんでした。なんと50分待ってもこなかったので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

出会いがいっぱいで楽しいセヴィリア生活!毎日の食事、洗濯、フラメンコ学校、練習、その他!

たとえば昨日ですが、こんな具合で1日が過ぎました。まず起床は8時40分。目覚ましをかけなくても、自然にこの時間に目が覚めます。いい天気だったので、大物の洗濯をしようと思い、シーツ、ふとんカバーをはがし、その他の衣類と共に、洗濯にだしました。オーナーが住んでいる部屋のドアの前に置くと、2時間後くらいには洗濯が終わっています。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

驚きの国スペイン!若年層の失業率50%なのに皆明るく幸せそうなのはなぜ?

セヴィリアに来てから2週間ちょっと経過しました。毎日色んな出会いがあって、とても楽しい毎日です。スペインの経済状態はEUの中でも非常に悪いほうで、全体の失業率は25%とか、南部では40%とか、若年層は50%以上だとか聞きます。ところが、夜中道を一人で歩いていて全く危険な目に会ったことはありませんし、皆暇なせいか、朝から、昼間っからコーヒ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

夢の街ロンダの散策は、真っ青な空、白壁の美しい街並み、奇岩の断崖絶壁、野草の美しさ!No.3

スペインのアンダルシア地方にあるロンダへはセヴィリアからバスで3時間弱で行かれます。自家用車なら多分2時間ちょっとでしょう。詩人リルケが”夢に見た街”といったそうですが、本当に美しい街です。盆地の中の丘の上に位置し、天然の要害になっています。さらに中世には周りを城壁で囲まれた城砦都市だったようで、未だに城壁の部分や門が残っています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢の街ロンダ散策は、闘牛場から開始!断崖に掛かる橋プエンテ・ヌエボは絶景!No.2

まず闘牛場がありました。ロンダはスペインでも闘牛発祥の地として知られています。250年ほど前に、ここの貴族ロメロ家のペドロ・ロメロという人が闘牛学校を開き、闘牛のテクニックを確立しました。彼は生涯の間に4000頭以上の牛と戦って勝利したそうで、英雄とされています。内部は観光できます。 でも、わたしはちょうど1週間前にセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペインときたら"闘牛とフラメンコ"と言うほど有名な闘牛ですが、、闘牛初体験No.2

試合は時刻ちょうどの6時半に始まりました。別にアナウンスなどはなく、専属の楽団がいて、場面が変わるときは、音楽を演奏します。まず最初に高らかに音楽が鳴り響き、出演者が全員登場しました。カラフルで派手な衣装を着た闘牛士が何人もいました。そのうち、本物の闘牛士は3人だったようです。残りの闘牛士はまだアシスタントのようなランクでしょうか?それ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

セヴィリアで闘牛を人生で初めて見ました!動物虐待という理由で見たがらない人が多いですが、その実際は?

先週の日曜に人生で初めて闘牛を見ました。スペインに来たのは今回が5回目ですが、闘牛はなかなか見るチャンスがなかったのです。スペイン人でも嫌いという人が多いですし、外国人の間ではなおさら見たがらない人が多いです。わたしも牛が殺されるのを見ることを考えて、ずっと躊躇していましたが、とにかくどういうものか一度見てみようと思ったのです。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

出会いが一杯で楽しいセヴィリア生活!毎晩のようにフラメンコショーや友人たちとの飲み会が!

今現在住んでいるのは、短期滞在者のためのシェアハウスです。1つのフロアーに二人用の部屋が1つとシングルルームが2つ、そして屋上にもシングルルームが2つあります。最大で6人の人がキッチンとバスルームを共同で使用することになります。1週間くらいの短期滞在の人が多いので、出入りは頻繁です。色んな国の人たちと知り合うことができます。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ヨーロッパの美しい街並みの秘密!私的考察No.2!石やレンガ造りで重厚かつ由緒ある建築様式の建物!

街を構成しているのはもちろん建物です。日本でも本格的な日本建築の建物は本当に品格があって素敵で、世界に誇れる建築だと思います。田舎にある古民家もとても趣があってわたしも大好きです。が、一般的な日本の家は、真四角なアパートやデパート、会社のビルなどあまり素敵とは思えません。それに、いかにもプレハブ的な安っぽい建物も多いです。それに比べてイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパの素敵な街並みについての私的考察!イタリア、スペインの味のある石畳の道の風景!

ヨーロッパ、特にイタリアの街並みの美しさはみなさんご存知の通りです。イタリアは、有名な観光地ばかりでなく、どんな田舎町でも美しく、まさに絵になります。むしろ無名な田舎町の美しさ、可愛さに魅了されることが多いです。イタリアに行き始めのころは、デジカメで枚数を気にせず写真を撮っていたので、あっというまに1ヶ月1000枚くらいは撮っていました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フラメンコと闘牛はスペイン観光の目玉であったが、実際はどうなのか?スペイン闘牛事情!

スペイン南部の街たとえばセヴィリアやコルドバに行くと、フラメンコは生活の一部とも言える。街の半径50メートル以内にフラメンコの学校が2つ、3つは必ずあるような感じだし、セヴィリアの歴史的地区の中心サンタクルスを歩けば、観光客相手のタブラオがひしめき合っている。が、それに比べて闘牛はどうなのだろう?昔はどの街にも闘牛場があり、春から秋にか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

今回2ヵ月半のヨーロッパ滞在はミラノ、セヴィリアを拠点にしての小旅行とフラメンコ留学!その費用は?

わたしがミラノに出発したのは、8月29日。まだ残暑まっさかりの頃でした。ミラノには1ヶ月間滞在し、9月28日にセヴィリアへ移動。セヴィリアでは1ヶ月間フラメンコの学校に通い、10月30日にミラノへ移動。2週間ミラノ滞在の後、昨日日本に帰国しました。前回は、セヴィリア1ヶ月半とミラノ1ヶ月に対して、今回はセヴィリア1ヶ月、ミラノ1ヵ月半と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グラン・カナリアの中央に聳え立つ巨石ロッケ・ヌブロとバルコニーの美しい家で有名な町テロール

グラン・カナリア観光の初日は、前回も書きましたが、タクシーを半日チャーターして、バスでは行きにくい島中央の山に行きました。まず最初に行ったのは、バンダマのカルデラというところです。カナリア諸島は大昔は火山列島だったので、この島にも火山が残した巨大なカルデラ湖があるのです。言われないと、ただの谷かと思って今いますが、確かにカルデラの形をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生活して感じたイタリアとスペインの違いとは!?人、言葉、街、食べ物、生活、似ているが微妙に違う!

スペインの人たちもそれなりにお洒落ですが、センスが良いかというとちょっと疑問です。ド派手な衣装を女性は好むようです。特にそれを感じたのが、教会での結婚式のミサです。ミラノで友人の結婚のミサに出席したとき、ペルー出身の女性が胸の大きく開いたド派手な帽子つきドレスで登場し、ちょっと度肝を抜かれました。彼女はいつも派手なのですが、ミサまでとは…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

マジョルカ島は海、山、洞窟、美しい街々と楽しさ満載の、特にドイツ人が多い国際的な観光地!

週末セヴィリアからマジョルカ島へ旅行しました。全く初めてでガイドブックもなく、インターネットで多少の情報を調べただけでした。わたしのホテルはマジョルカ最大の都市パルマにあるのかと思っていましたが、実は空港からパルマとは反対方向に行った海のリゾート地、プラジャ・デ・マジョルカにありました。正味二日間でしたが、毎朝バスでパルマに行き、パルマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more