テーマ:キリスト教

パヴィアの理想的修道院チェルトーザで見た意外に快適そうな修道僧の住居!

ミラノから南に30キロ、パヴィアからは10キロほどの、車でないと行きにくい場所に、理想的な修道院と言われているカルトジオ会の修道院、チェルトーザがあります。まず門を入ると目に入るのが、大理石の素晴らしい教会です。 たまたま日本からお客さんが来ていたので、一緒に行ったのですが、インドのタージマハールを思い出したと一人が言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産の聖地、Sacro Monte di Vareseとヴァレーゼの活気ある露天商たち!

友人の住む町カルナゴ(Carnago)から、車で30分ほどで、ピエモンテ州のプレアルピ(アルプスの手前の山脈)にあるSacro Monti(聖なる山の数々)の一部である、ヴァレーゼのサクロモンテに着きました。山道を少し登っていくと、まだ沢山雪が残っています。雪に埋まった聖地は美しさをさらに際立たせていました。 この日は…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

マルペンサ空港の近くのカルナゴという小さな町の教会にも素晴らしいプレゼーペ!

先週末行ってきた小さな町カルナゴは、丘の上にある緑多い美しい町でした。友人にカルナゴの町を案内してもらいました。すぐ近くには、奥さんのご両親も住んでいます。 これが町の小さな教会です。 古い教会と新しい教会が二つ並んでいて、新しい方はミサに使用され、古いほうはプレゼーペが展示してありました。天井にも素…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスの終わりを告げるエピファニアのパレードを見学しました!!

今日1月6日はイタリアでは大切なキリスト教の祭日エピファニアです。学校もお休みでしたが、課外活動として参加を希望する生徒たちがガイドの先生と一緒に、ミラノのドゥオモ前から始まったパレードを見学しました。 11時過ぎにドゥオモ前に集合しました。大勢の人がもう集まっていました。 パレードが通過する道の両側…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴェローナのサン・ゼーノ・マッジョーレ教会の美しいキオストロは必見!!(ヴェローナ写真集No.4)

2007年4月ヴェローナに行きました。観光地としても有名ですが、落ち着いた雰囲気の美しい古都です。教会も沢山ありますが、絶対お奨めの教会は、サン・ゼーノ・マッジョーレ教会です。 正面はごく普通の教会です。 街の守護神である聖ゼーノの生涯をテーマにしたブロンズの扉が見逃せないとガイドブックに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パルマで生ハムのランチとドゥカーレ公園でティータイム!(パルマ写真集No.2)

2007年の4月ボローニャから、パルマへ電車で日帰りで行ってきました。パルマの魅力は生ハムとパルミジャーノだけじゃありません。素晴らしい芸術の宝庫でもあります。 Duomoの内部もとても綺麗です。 これが祭壇です。 美しい天井をご覧ください。 広場で東洋人風の人に写真を頼ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生ハムとパルミジャーノで有名なパルマのバラ色大理石で造られた美しい洗礼堂!!(パルマ写真集No.1)

2007年の4月ボローニャから、あのパルミジャーノ・レッジャーノであまりにも有名なパルマへ行きました。電車で1時間ちょっとです。写真はドゥオモ広場です。 Duomo広場には見所が一杯ですが、すぐそばに川も流れていて、ちょうど花も咲き乱れていて、美しい眺めです。橋を渡るとパルマ市民がくつろぐ大きな公園です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サン・フランチェスコ教会の水に漬かった黄金のモザイクの床!!(ラヴェンナ写真集No.3)

2007年4月モザイクの宝庫ラヴェンナへボローニャから日帰りで行きました。ラヴェンナの見所はポポロ広場周辺の町の中心に集中していますが、町外れにあるサンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂は見逃せません。 素晴らしいモザイクです。キリストの回りにいる羊は12使徒を表しています。何もない野原の真ん中にこの聖堂は立っています…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モザイクの宝庫ラヴェンナで絶対見逃せないネオニアーノ洗礼堂!!(ラヴェンナ写真集No.2)

2007年4月のある日、ボローニャから日帰りでモザイクの宝庫ラヴェンナへ行きました。 まず、サン・ヴィターレとガッラ・プラチーディアを見た後、ポポロ広場の南西にあるネオニアーノ洗礼堂を訪ねました。 天井のモザイクがこんなに豪華です。洗礼を受けるキリストの周りには、十二使徒が描かれています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラヴェンナの素晴らしいモザイクを見ずして、イタリア美術は語れない!!(ラヴェンナ写真集No.1)

2007年の4月、ボローニャから電車に1時間半ほど乗って、モザイクで超有名なラヴェンナへやってきました。モザイクはイタリアを旅行するとしばしば目にしますが、ここのモザイクはビザンチン文化を代表する洗練された豪華絢爛なモザイクです。以前ご紹介したピアッツア・アルメリーア(シチリア)の素朴なモザイクとは、モチーフも材料もまるで異なります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産のグエル邸と壮大なスケールのサグラダ・ファミーリア!!(バルセローナ写真集No.2)

2004年9月、ガウディ建築の街バルセローナで、まずグエル邸を訪問しました。面した道の幅が狭く、十分な距離を置けないので、見上げる写真になってしまいます。 正面の装飾は重厚な感じです。これは、もとアントニオ・ガウディの資金面でのパトロンだったグエル氏のためにガウディが設計したお屋敷です。内部は現在博物館になっています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖フランチェスコの街アッシジは、中世のまま時間がストップした街!(アッシジ写真集No.2)

2004年9月のある日、ローマから日帰りで、アッシジに行きました。アッシジは街全体がピンク色の岩でできた城砦都市です。 上の写真で、一番手前に見えているのが、この街の一番の見どころ、聖フランチェスコの聖堂(裏側)です。圧倒されるほど巨大で、中は聖フランチェスコの生涯を描いたフレスコ画で壁も天井も埋め尽くされています。下の写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖フランチェスコの街アッシジは美しいピンク色の城砦都市! (アッシジ写真集No.1)

わたしが最初にイタリアへ行ったのが、5年前の2004年9月でローマとベネチアでした。ただし、ローマからちょっと遠出をして、アッシジを訪問しました。たまたま、アッシジの広場で見かけたおもちゃ屋さんです。 私はローマから電車に乗って行きましたが、ペルージャからバスで行く方法もあるようです。ただし、電車の駅はかなり聖フランチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何気ない街角の景色や名もない教会のはっとする美しさ!!(シチリア‐エリチェ写真集No.4)

2006年4月のある日、エリチェに行きました。エリチェは、塩田で有名なトラパニ(シチリア最大の都市パレルモから電車で2時間ほど南へ下がったところです。)から車で1時間ほどの山の上にあります。中世のまま時が止まった街エリチェの街角風景です。 エリチェにある教会の数は、なんと60以上とのことですが、とってもそんなに沢山見る…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

聖なる街エリチェの山頂にあるヴィーナスの城の秘められた歴史とは!!(エリチェ写真集No.3)

750メートルの山の上に紀元前8世紀に作られた街エリチェは今も中世のまま時間が止まったようです。日本では知られていませんが、結構観光客も来るので、小さなホテルやレストラン、土産物屋もそれなりにあります。 山頂にあるヴィーナスの城(Castello di Venere)は、完全に遺跡というか廃墟になっていて、管理する人もいま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山の上のヴィーナスの城ほか、美しい遺跡がいっぱいのエリチェ!!(エリチェ写真集No.2)

シチリアから電車で2時間ほどの、塩田で有名な街トラパニからバスで1時間ほど行くと、エリチェに着きます。バスはどんどん山道を登っていきます。それにつれて、素晴らしい眺望が開けていきます。 終点でバスを降りるとすぐヴィーナスの城が見えてきます。 ただ遺跡があるだけで、誰も管理する人がいません。観光客も多く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知られざる山の上の聖なる街エリチェは、時が止まった街!(シチリア写真集 - エリチェNo.1)

シチリアは、イタリアの5大都市(ローマ、ミラノ、フィレンツェ、ヴェネチア、ナポリ)と比較すると、まだまだ日本人にはあまり知られていないと思います。特に、この街エリチェは、本当に特別な町なのに、全然日本では知られていません。 以前、このブログでもご紹介しましたが、お見せしていない写真がまだまだ沢山あるので、今回は前回の記事の補足の写真集…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

疲れるけど、本当に素晴らしいヴァティカン宮殿の美術館と博物館!!(ローマ写真集No.3)

ヴァティカン宮殿の中には、20もの博物館と美術館があります。もちろん、どれも素晴らしい美術品や展示品で一杯なのですが、あまりにも見るものが多すぎて、疲れてきます。 全部を丁寧に見ると1週間は必要だとのことですが、とってもそんな時間はないので、見たいところを選択する必要があります。わたしは、オーディオガイドを受付で借りて、展…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

壮大で美しいサン・ピエトロ広場と大聖堂、サンタンジェロ城!!(ローマ写真集No.2)

ローマに行ったら、必ず訪れるのが、カトリックの総本山、サン・ピエトロ寺院と壮大な広場でしょう。ここは、以前映画”天使と悪魔”に関連づけて、ご紹介しました。あの映画の主な舞台となったのが、ここです。 毎週日曜には教皇が、広場に世界中から集まって来たカトリック信者達に挨拶をします。この広場は、カトリック関連の広場としては、世界…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

火刑の広場も今は花溢れるカンポ・デイ・フィオーリ!カラヴァッジョの教会!(ローマの穴場No2)

見所満載のローマですが、大抵の観光客はローマでの時間が限られているため、有名なところしか見られません。でも、もし多少の自由時間があったら、ここはどうでしょうか?その名は、Campo dei fiori (お花畑)広場です。文字通り、野菜、お花、ハーブのお店などが軒を並べ、とってもにぎわっています。 1600年2月17日、こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パレルモの観光名所をもう一度ご紹介!クリスマスのプレゼーピオも(シチリア写真集-パレルモNo.3)

わたしが初めてパレルモに行ったのは、2005年11月でした。まだ日中の日差しは強く夏のような気候でしたが、店のショーウィンドウにはクリスマスの近いことをつげるものを売っていました。これは、プレゼーピオです。 プレセーピオ(presepio)とは、キリスト降誕の場面を人形で表現したもので、年末年始にかけてカトリックの家庭に飾…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

パレルモの守護神、聖ロザリアの岩窟教会の写真集!(シチリア写真集)

イタリア好きの皆さん、お待たせしました!北海道の旅行記が終わり、またシチリアにテーマを戻したいと思います。 このブログを始めたばかりの頃にご紹介した、パレルモの守護神聖ロザリアの岩窟教会の記事の補足として、前回の記事ではお見せできなかった写真をご紹介いたします。 パレルモ湾の北にあるペレグリーノ山の崖の上から…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バロック様式のトリノの王宮は世界遺産!!変わった博物館”聖骸布博物館とは??

たまたまトリノの王宮前のカステッロ広場がゴールのマラソンをやっていました。イタリアでは結構マラソンが人気のようです! ヴィアローマ(ローマ通り)をまっすぐ歩くと突き当たりに見えるのが、王宮です。13世紀から19世紀に至るまでサヴォイア家の支配下にあったトリノは、1861年にイタリア統一を達成したサルデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パルミジャーノ・レッジャーノと生ハムで有名なパルマは美しい洗礼堂のある街!

2007年の4月ボローニャから、あのパルミジャーノ・レッジャーノであまりにも有名なパルマへ行きました。電車で1時間ちょっとです。Duomo広場には見所が一杯ですが、すぐそばに川も流れていて、ちょうど花も咲き乱れていて、美しい眺めです。橋を渡るとパルマ市民がくつろぐ大きな公園です。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

素敵なポルティコの街ボローニャはわたしの大好きな街!

バリからボローニャへやってきました。ボローニャは街そのものが綺麗で見所が多いだけでなく、周辺にラヴェンナ、パルマ、モデナなど綺麗な街があって、観光拠点としても便利です。気に入って4日も滞在しました。駅から街の中心といえるマッジョーレ広場までは、1キロほどありますが、道がまっすぐでわかりやすいです。 この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア半島のブーツの踵に位置するレッチェは、バロック芸術のまさにフィレンツェ!

日本ではあまり有名ではないレッチェは、紀元前12世紀からの歴史を持つ古い街で、バロック装飾の街として世界的に知られています。バリから電車で2時間弱で行かれます。あいにくの雨でした。駅からの道はかなり分かりにくく、お店で何回も聞きながらようやく、ドゥオモ広場へ辿り着きました。 雨で色彩が残念ながら、パッと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とんがり帽子の屋根の可愛いトゥルーリが並ぶアルベロベッロはお伽の国のよう!

南イタリアの旅行のパンフレットには必ず出てくるのが、アルベロベッロとマテーラです。バリに滞在していたので、アルベロベッロまでは、電車で1時間半ほどで行かれました。1日の本数は多くありませんが、事前にチェックしておけば大丈夫です。(地球の歩き方'09にも投稿しました!)アルベロベッロに近づくと、例のトゥルーリの家が田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シチリアから鉄道連絡船でレッジョ・カラーブリアへ!イタリア半島のブーツの先端です!

今までローマとパレルモの間はいつも飛行機でしたが、今回は列車で本土へ渡る方法を取ってみました。昔のガイドブックによると、メッシーナとレッジョ・カラーブリアの港ヴィッラ・サン・ジョバンニの間は電車の車両そのものを切り離して、船に積み込むのが興味深いと書いてありました。期待していくと、何のことはない、列車を自分が降り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

永遠の都ローマで撮影された映画”天使と悪魔”を見て、ローマに惚れ直しました。(ローマNo.1)

一昨日映画”天使と悪魔”を見てきました。みなさんご存知の”ダヴィンチ・コード”の続編です。またもトム・ハンクス演じる宗教シンボル学者のラングドン教授が謎解きをしながら、ヴァティカンを秘密結社イルミナーティの脅威から救うというストーリーです。ほんとうに最後の最後まで息をつかせぬ展開の速さで、スクリーンに釘付けになってしまいました。映画に登…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖フランチェスコの街アッシジは美しいピンク色の城砦都市!

ひとまず、シチリア旅行は一区切りついたので、これからイタリア本土の街について旅行記を続けたいと思います。第1回に書いたように、最初にイタリアへ行ったのが、5年前でローマとベネチアでした。ただし、ローマからちょっと遠出をして、アッシジを訪問しました。なぜか、わたしの友人がカトリック教徒でもないのに、聖フランチェスコの街として有名なアッシジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more