テーマ:スペインの旅

バルセロナのサグラダ・ファミーリア大聖堂は、予定よりも早く完成するらしい!

ふたたび、スペインの話題をお届けします。バルセロナの有名なサグラダ・ファミリア教会についてです。有名な建築家アントニオ・ガウディの代表作として、世界遺産にも認定された、未完の大聖堂が当初言われていたよりもすっと早く完成の見込みだそうです。みなさんは、この記事をお読みになりましたか? 未完の大聖堂 サグラダ・ファミリア、20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペイン人、時計を1時時間遅らせることを検討!そのほうが、生活にマッチしそう。

スペイン関連の興味深い記事を発見しました。たしかに、”時計のほうが間違っている”というスペイン人の指摘は正しいと思います。スペインの朝8時はまだ暗く、9時頃からようやく人々が活動を始めるという感じです。そして夜は、夏など9時半ころまで明るいのです。1時間どころか、2時間くらい遅らせてもよさそうです。 以下は、毎日新聞からの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペインの代表的お料理パエリアの私的作り方!

パエージャは決して、難しい料理ではないのです。大胆に、そのとき家にある米、野菜や肉、魚などを入れて、サフランまたはカラー用の粉を使って作ればいいのです。わたしはミックスタイプのパエージャが好きです。イタリア人に言わせると、魚介類と肉を一緒に使うのは、ご法度!絶対にダメだといいます。 でも、スペイン人はわりと気にしないというか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペインの代表的料理パエリアは、男性が作る料理!

9月になりましたが、今日も残暑です。みなさま、お元気ですか?今日はスペインの食べものについてです。何と言っても、スペイン料理でいっちば~ん有名なのは、パエリアまたはパエージャです。日本ではパエリアということが多いすが、スペイン語ではパエージャと発音します。 ようするに大きなフライパンでお米や野菜、肉または魚介類を一緒に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日曜の夜は特別なセヴィリアの人たち!ビールがとっても美味しいセヴィリア!

みなさん、こんにちは!こちら埼玉では、とっても涼しいです。でも、お天気は相変わらずぱっとしません。わたしが参加しているハイキングクラブでも、ここ3週間は天候不順で、ハイキングがキャンセルになっています。さて、今日は日曜日です。日曜日だとセヴィリアに関して思い出すことがあります。 セヴィリアの人たちは、本当に夜更かしで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わたしの人生最初の海外旅行先ははスペインだった!現在とは全く違う旅行の仕方!

みなさん、こんにちは!わたしがウン十年前に初めて行った外国がスペインでした。というのも、わたしは大学でスペイン語を専攻していました。実は大学で夏に、スペイン大使館と合同でチャーターした飛行機があって、わたしたち学生はそのチャーター便に特別料金で乗れました。出発は7月のある日、帰国は9月のある日の2ヶ月間。初めて、首都マドリッドへ行き、そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

セヴィリアの青い空! 時には大雨が続くことも!

みなさん、こんばんは!日本はよく降りますねぇ。セヴィリアって言うと、真っ青な空がイメージです。セヴィリアの空は、本当に他では見ることができないくらい、真っ青な空なんです。たとえば、この写真を見てください! 空が真っ青だと、白壁の家が映えます。 ギリシアもそうですが、アンダルシーアも、真っ青な空と真っ白な家々の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまにはスペインも!セヴィリアと東京の夏、どっちが暑いか、耐え難い?

みなさん、9月になっても蒸し暑いですね。最近は雨が異常に降りますね。わたしはクーラーをほとんど使わない人なので、今日は部屋の中がむうっとしています。こんなときでも、体の一部を冷やすと格段に涼しいので、アイスノンを使っています。寝るときもアイスノン枕で、快適に睡眠できます。 しばらく、イタリア関連の記事が続きましたが、こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

世界遺産ドニャーナ国立公園のツアーで見た自然の楽園!エル・ロシオ博物館での素晴らしい出会い!No.3

世界遺産のドニャーナ国立公園を見たくて、セヴィリアからエル・ロシオまで行きました。朝からの半日ツアーに参加するために、前の晩は泊まりました。翌日の朝7時半に町の旅行会社のオフィスに集合しました。幸い良いお天気です。この真っ青な空を見ていると、雨が降る日があるのが、信じられないくらいです。ガイドさんは、スペイン語と英語のバイリンガルのスペ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

興味深いエル・ロシオ博物館と巡礼のお祭り!馬が闊歩するエル・ロシオは西部劇に出てきそうな町!No.2

世界遺産のドニャーナ国立公園に行きたくて、エル・ロシオの町にバスで到着しました。前回の続きです。ホテルの近くにある、ロシオ博物館に入ると、お客はわたしだけで、スタッフがところどころ英語で説明をしてくれました。説明はすべて、スペイン語のみで書いてあったので、読むのも大変です。この博物館のテーマは三つ、ひとつはドニャーナ国立公園、もう一つは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

不思議な巡礼の町エル・ロシーオは世界遺産ドニャーナへの入口!Venere comの問題点!?No.1

セヴィリアからバスで1時間半ほどのところに、世界自然遺産のドニャーナ国立公園があります。去年セヴィリアに来て、その存在を知ってから、絶対行きたいと思っていました。最初はもっと遠いのかと思っていましたが、セヴィリアから日帰りのツアーもあるくらいで、1泊なら十分ドニャーナも、ドニャーナへのアクセスポイントでもある町エル・ロシーオも満喫するこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カトリック国スペインは宗教関連の行事がいっぱい!たまたま5月はコムニオン(聖体拝領)の月!

昨日は、朝11時前から通りで大きな楽団の音が聞こえてきたので、とりあえず何なのか見に通りにでました。アパートの前の狭い道を楽団が通っていくところでした。スペインでは宗教関連の行事が年がら年中あるようです。このときに家を出て、そのまま1日外出しました。お昼の12時にトリアナのイザベラII世橋の手前のチュレリア(揚げ菓子のチューロスを売る店…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

セヴィリアの近くにポンペイを小さくしたようなローマ時代の遺跡の町、”イタリカ”がありました!

フラメンコの学校で一緒のイタリア人の友人に誘われて、先週の日曜にバスに乗って、イタリカという遺跡の町に行きました。プラサ・デ・アルマスというバス駅からバスでたったの30分ほど、料金もたったの1.5ユーロでした。規模は予想以上に大きく、ローマ時代の町とコロッセオを一回り小さくしたような、アンフィテアトロが見学でき、なかなか面白いところです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バスを乗り継いで、カナリア諸島のテネリフェを一周8時間!テネリフェは意外に大きかった!No.3

テネリフェ島は真ん中にある富士山級の山テイデ山によって北と南にほぼ二分されているため、空港も北と南にあります。北側は17、18世紀の古く美しい街が点在し、南側は美しいビーチが広がります。わたしのホテルは南側にありましたが、北側も是非行ってみたかったので、どうにかなるだろう的考えで出かけました。 まずは、一番近くにある大…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カナリア諸島テネリフェのバスツアー!ここにしかない不思議な木ドラゴンツリーと美しい海!No.2

カナリア諸島はアフリカ大陸の近くにありますが、海底火山の噴火によってできた島で、生態系はアフリカとは全く異なり、独自の自然が存在します。島全体が火山灰や溶岩でできており、テネリフェ島の中心にある世界遺産のテイデ山の直径17キロに亘る大きなカルデラも農業に利用されています。テイデ国立公園を見学した後は、ここにしかない不思議な木、ドラゴンツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大西洋の楽園カナリア諸島のテネリフェ島へ行ってきました!島中央には世界遺産のテイデ国立公園!No.1

先週の金曜の夜、格安航空ライオネアーでセヴィリアからテネリフェ島へ行きました。去年は、同じカナリア諸島のグラン・カナーリアへ行きました。カナリア諸島は火山活動の結果できた島で、アフリカの近くにありながら全く異なる独自の生態系が存在します。セヴィリアを夜の10時に出発して、テネリフェには12時半、現地時間では11時半に到着しました。夜中の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夢の街ロンダの散策は、真っ青な空、白壁の美しい街並み、奇岩の断崖絶壁、野草の美しさ!No.3

スペインのアンダルシア地方にあるロンダへはセヴィリアからバスで3時間弱で行かれます。自家用車なら多分2時間ちょっとでしょう。詩人リルケが”夢に見た街”といったそうですが、本当に美しい街です。盆地の中の丘の上に位置し、天然の要害になっています。さらに中世には周りを城壁で囲まれた城砦都市だったようで、未だに城壁の部分や門が残っています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢の街ロンダ散策は、闘牛場から開始!断崖に掛かる橋プエンテ・ヌエボは絶景!No.2

まず闘牛場がありました。ロンダはスペインでも闘牛発祥の地として知られています。250年ほど前に、ここの貴族ロメロ家のペドロ・ロメロという人が闘牛学校を開き、闘牛のテクニックを確立しました。彼は生涯の間に4000頭以上の牛と戦って勝利したそうで、英雄とされています。内部は観光できます。 でも、わたしはちょうど1週間前にセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

期待以上に美しいかった街ロンダ!詩人リルケが”夢に見た街”といったとか!ロンダ写真集No.1

昨日日曜にセヴィリアからバスでロンダへ行ってきました。何人もの人から美しいとは聞いていましたが、想像以上の美しさでとても満足しました。まだ見るものは沢山あるので、また行きたいと思います。バスは途中で乗り換える必要はありませんが、セヴィリアからロンダまでは約3時間かかります。途中で何回か小さなバス停にも停まり、大きなバス駅でも1回停まりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペインときたら"闘牛とフラメンコ"と言うほど有名な闘牛ですが、、闘牛初体験No.2

試合は時刻ちょうどの6時半に始まりました。別にアナウンスなどはなく、専属の楽団がいて、場面が変わるときは、音楽を演奏します。まず最初に高らかに音楽が鳴り響き、出演者が全員登場しました。カラフルで派手な衣装を着た闘牛士が何人もいました。そのうち、本物の闘牛士は3人だったようです。残りの闘牛士はまだアシスタントのようなランクでしょうか?それ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

セヴィリアで闘牛を人生で初めて見ました!動物虐待という理由で見たがらない人が多いですが、その実際は?

先週の日曜に人生で初めて闘牛を見ました。スペインに来たのは今回が5回目ですが、闘牛はなかなか見るチャンスがなかったのです。スペイン人でも嫌いという人が多いですし、外国人の間ではなおさら見たがらない人が多いです。わたしも牛が殺されるのを見ることを考えて、ずっと躊躇していましたが、とにかくどういうものか一度見てみようと思ったのです。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

マドリッドの美しい公園レティーロと川沿いの散歩道マドリッド・リオ!マドリッドNo.2

昨日マドリッドの記事を公開しましたが、実はまだ未完成の状態でした。わたしが作業をしている時に、イタリア人の友人が部屋に入ってきたので、あわてて保存をしたつもりが、公開してしまったのでした。後半部分にはまだ写真も入っていませんでした。これが、マドリッドのNo.2です。マドリッドの美しい公園についてご紹介させていただきます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マドリッドはスペインの首都にふさわしい美しく洗練された都市です。

大昔マドリッドに行ったことがありましたが、記憶はほとんどないし、街そのものもかなり変わったようです。アトーチャ駅で降りると、観光スポットがほとんど歩いて行かれる範囲内にあります。アトーチャ駅そのものも、見る価値があります。広々とした駅舎の一部には、まるで巨大な温室のように、南洋の背の高い植物が生い茂っています。ただ水が足りていないのか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5ヶ月ぶりのヨーロッパ滞在はスペインから!セヴィリアで新しい生活を始めました!

去年の11月半ばにイタリアから帰ってきて、約5ヶ月が経過しました。そろそろ日本にいるのにも飽きてきたころ、またヨーロッパに戻ってきました。去年は、ミラノからセヴィリアに行き、1ヶ月、または1ヵ月半の滞在の後、ミラノに行き、しばらくいてから日本に帰国していました。が、今回は航空券を行きは東京からマドリッド、帰りはミラノから東京というコース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フラメンコと闘牛はスペイン観光の目玉であったが、実際はどうなのか?スペイン闘牛事情!

スペイン南部の街たとえばセヴィリアやコルドバに行くと、フラメンコは生活の一部とも言える。街の半径50メートル以内にフラメンコの学校が2つ、3つは必ずあるような感じだし、セヴィリアの歴史的地区の中心サンタクルスを歩けば、観光客相手のタブラオがひしめき合っている。が、それに比べて闘牛はどうなのだろう?昔はどの街にも闘牛場があり、春から秋にか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

グランカナリア最大の都市ラス・パルマスの見所はコロンブスの家、カテドラル、カナリア博物館!

グラン・カナリア観光3日目は、バスで街の中心まで行って、まずコロンブスの家を見学。嬉しいことに無料です。コロンブスの家と言っても、コロンブスの生家ではなく、コロンブスがこの街に来たときに、統治者がコロンブスを泊めた家だとのことです。中庭も美しいですが、中には彼の新大陸発見の偉業に係わるい色々な地図や船の模型などが展示されています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グラン・カナリア観光2日目はバスでクエヴァ・ピンターダ(壁画のある洞窟)と美しい海岸のガエアーテへ!

グラン・カナリア2日目は、まずラス・パルマス市まで美しい海岸沿いの景色を楽しみながら、1時間歩いていきました。海沿いの景色の良い道をジョギングする人や自転車の人たちが次々と通っていきます。カテドラルらしきものが見えたときに道の反対側に渡って、街に入っていきました。そこは、ちょうど歴史的地区の中心サンタ・アナ聖堂でした。コロンブスの家もあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

グラン・カナリアの中央に聳え立つ巨石ロッケ・ヌブロとバルコニーの美しい家で有名な町テロール

グラン・カナリア観光の初日は、前回も書きましたが、タクシーを半日チャーターして、バスでは行きにくい島中央の山に行きました。まず最初に行ったのは、バンダマのカルデラというところです。カナリア諸島は大昔は火山列島だったので、この島にも火山が残した巨大なカルデラ湖があるのです。言われないと、ただの谷かと思って今いますが、確かにカルデラの形をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カナリア諸島の一つグラン・カナリアはまさに地上の楽園!!セヴィリアから飛行機で2時間の近さ!

セヴィリア滞在の最後の週末となった先週の週末、セヴィリアからライオネアーでグラン・カナリアへ行ってきました。事前にインターネットで情報を多少ゲットしていきましたが、予想以上に美しくまさに地上の楽園のような島でした。日本からはとても遠いので、日本人観光客はまだ少ないと思います。 嬉しいことにマジョルカと違って、島全体が観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パルマからバスで30分の山間の美しい町バルデモッサ!!ピアノのミニコンサートも!!

マジョルカ観光二日目は、かねてから行きたかったバルデモッサです。バルデモッサの観光ポスターには、なんと世界で一番美しい場所なんて、書いてありました。断崖絶壁の上に聳え立つ美しいお城みたいな感じのポスターでした。実際行って見ると、世界一とは思いませんが、山間にある美しい町です。何と言っても、建物の色に統一性があり、家々が皆植木鉢で壁を飾り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more