テーマ:南イタリアの旅

サッシの街マテーラのグロッタ・ハウスと美しい町並み!(マテーラ写真集No.3)

2007年4月のある日、世界遺産の街マテーラへ行きました。マテーラは、今は廃墟のようなサッシ(洞窟住居)で有名ですが、サッシ地区以外の部分は美しい街です。 サッシ地区の人気のない街の中を歩いて、自然と谷の方へやってきました。 観光客向けに昔のサッシの生活がわかるように内部を開放しているグロッタ・ハウス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッシ(岩窟住居)の街マテーラで食べた1700円のランチとは!?(マテーラ写真集No.2)

2007年4月のある日、バーリから電車で世界遺産のマテーラに行きました。元々谷だった地形を活かして、7000年も前から人間が住んでいた町なのです。 サッシ(岩窟住居)地区を見に行く前に、入り口手前の広場にあるバールで昼食をとりました。 その時食べたのは、ブルスケッタ(bruschetta)と言って、カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産のマテーラは、独特な魅力を持つ洞窟住居の町!(マテーラ写真集No,1)

2007年の4月のある日、南イタリア第2の都市バーリから日帰りで、洞窟住居の街マテーラへ行きました。 マテーラに行くには、バーリ中央駅の北側にあるバーリ・ノルド(北駅)から私鉄AppuroLucane線に乗ります。車両が3つか、4つ位しかない短い電車で、しかも途中の駅で切り離し、一部は別の方面へ行くので、注意が必要です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンタ・クローチェ教会の花窓!ローマ水道の遺跡と荘厳な大学の建物!!(レッチェ写真集No.2)

2007年4月、イタリア半島を南から縦断する旅をしました。南イタリアNo.2の大都市バーリに泊まりながら、近郊の街を日帰り旅行で訪ねました。レッチェは日本ではあまり知られていませんが、バロックのフィレンツェとして世界的に有名です。 お昼を食べてから、レッチェのシンボルと呼ばれているサンタ・クローチェ教会へ行きました。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レッチェは、バロック芸術のまさにフィレンツェ!(レッチェ写真集No.1)

日本ではあまり有名ではないレッチェは、イタリア半島のブーツの踵に位置しています。紀元前12世紀からの歴史を持つ古い街で、バロック装飾の街として世界的に知られています。 バリから電車で2時間弱で行かれます。あいにくの雨でした。駅からの道はかなり分かりにくく、お店で何回も聞きながらようやく、ドゥオモ広場へ辿り着きました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南イタリアNo.2の大都市バーリもまた、美しい街だった!!

2007年4月、わたしは南イタリアの有名な観光地、アルベロベッロ、マテーラ、そしてブーツのまさに踵に位置するレッチェを訪問するために、バーリに3泊しました。が、バーリの街も、また美しい南イタリアの街の一つでした。 バーリも歴史の古い街で、バーリ中央駅の近くは古い地域です。これが中央駅です。 駅の近くにある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お伽の国、アルベロベッロはやはり見逃せない!!(アルベロベッロ写真集No.2)

2007年4月イタリア半島を南から縦断旅行しました。レッジョ・カラーブリアから夜行に乗って、バーリへ早朝到着。宿を見つけ、荷物を置いて、早速アルベロベッロへ出かけました。 駅から、人に聞きながら、15分ほど歩くと、可愛いトゥルーリが並んでいる通りが見えてきました。トゥルーリのほとんどは、土産物屋やレストランになっていま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

とんがり帽子の屋根の可愛いトゥルーリが並ぶアルベロベッロ!!(アルベロベッロ写真集No.1)

南イタリアの旅行のパンフレットには必ず出てくるのが、アルベロベッロとマテーラです。バリに滞在していたので、アルベロベッロまでは、電車で1時間半ほどで行かれました。1日の本数は多くありませんが、事前にチェックしておけば大丈夫です。(地球の歩き方'09にも投稿しました!) アルベロベッロに近づくと、例のトゥルーリの家が田園…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more