テーマ:海外旅行

巨人の両手に支えられたゴールデンブリッジはダナン観光の目玉!No.7

ダナンから車で1時間ほどの距離に一大遊園地があります。バナヒルズと言って、世界最長15キロのロープウェイによってアクセスする山の中腹にある遊園地です。ロープウェイを数回乗りついで、ゴールデンブリッジやフランス風の街並みのある地域、LOVEをテーマとした公園、遊園地の乗り物のエリア、ベトナム寺院のエリアなどを訪ねていきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダナンには口から火を吐くドラゴンがいる!ベトナム中部No.6

ヒルと豪雨に苛まれたバクマから逃げるように、ダナンに来ると、ダナンは近代的な大都市でした。街の中心には、観光の中心、ドラゴンブリッジがあります。ダナンのホテルは、街の中心部から2キロほど離れていましたが、海岸(ミーケビーチ)の近くでした。ちょうど、大晦日と年末年始を含む3泊をダナンで過ごしました。 ドラゴンブリッジは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱帯雨林のモンスーンの凄さを経験!恐怖の山ヒル!No.5

ベトナム中部旅行8日目は、フエからバクマという山岳地帯へ行きました。1400mほどの山を中心として、素晴らしい自然の宝庫なのですが、まだモンスーンの季節が終わってはおらず、山道を車で登るにつれて、激しい雨が降ってきました。レストランでランチをしていると、フランス人のグループもやってきました。彼らは、きわめて軽装で、カジュアルな服装の上に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産フエの王宮遺跡観光!観光船に住む家族!No.4

翌日はフエ観光です。フエは、ベトナムの最後の王朝グエン王朝の都で、ユネスコの世界遺産に登録された美しい古都です。まず、皇帝が乗っていたというドラゴンボートを模した観光船に乗って、街外れにあるティエンムー寺に行きました。 ドラゴンボートにはベトナム人家族が住んでいました。夫が船長、妻は幼子3人を育てながら、船の上で家事育…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドンホイからフォニャ洞窟観光!北緯17度線!ベトナムNo.3

ホーチミンに3泊して、4日目の朝jホーチミンから飛行機で中部の都市ドンホイに行きました。5日目は、ドンホイから洞窟観光で有名なファニャに行きました。バスの観光ツアーに参加して、まずパラダイスケーブ、ランチの後は、ファニャケーブに行きました。(写真はドンホイ) パラダイスケーブは、バスを降りてから、山道を20分ほど登り、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホーチミンの見どころ!ベトナム中部の旅 No.2

ホーチミンの見どころのうち、いつくかご紹介します。まず、誰でも行くのが、ベンタイン市場です。活気のある市場で、日用品、食料品、衣類、土産物などほぼなんでもあります。生肉や魚もその場で捌いているし、冷蔵庫をほとんど使用せず、砕いた氷がある程度なので、かなり臭いがきついです。通路は狭く、歩くと両方から声がかかってきます。日本語で、”おねえさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンスーンに祟られたベトナム中央部の旅2週間!No.1

2018年の12月22日から2019年の1月4日まで、2週間ベトナム中部を旅行しました。ベトナムはこれで3回目になります。1回目は、10年ほど前、ホーチミンに5日間の短い旅でした。2回目は、3年前の冬にベトナム北部を2週間旅しました。旅行前は、ベトナムは暖かいイメージだったのに、寒くて湿度も高くて、全く異なる印象を受けました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トビリシから奇岩絶景のユプリシュティエとボルジョミ観光 No.8

カズベギからトビリシに帰る途中で素晴らしい滝を見に、1時間ほどのトレッキングをしました。Gveletiという滝で、水量も多く、見事な滝です。滝の横にある大岩の上でしばらく涼みました。それから、トビリシに帰り、その夜はガイドさんが素敵なジョージア料理のレストランに招待してくれました。ライブミュージックとロシア風のダンスも楽しめました。黒い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョージア最高の絶景カズベギ山とゲルゲッティ教会 No.7

トルソ渓谷は景色の美しいところでしたが、ずっと平坦な道だったので、アップダウンのある山を好む私たちは、そこで1日トレッキングをするよりも、早くカズベギ山が見たいとガイドさんに希望を伝えました。そして、トルーソ渓谷のトレッキングは半日で切り上げ、カズベギ山展望のベストポイントである有名なゲルゲティ三位一体教会に向かいました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カズベギ・トレッキング(美しきカーダ渓谷、トルソ渓谷)!No.6

ジョージアの観光の起点はやはり首都トビリシなのでしょう。世界遺産のズバネッティ観光の後は、トビリシにいったん戻り、翌日今度はコーカサス山脈の南側にあるグダウリに向かいました。ズバネッティは車で10時間でしたが、今度はそれほど遠くはなく、3時間ほどで最初のトレッキング目的地パサナウリに到着しました。その町から、山の上に聖ジョージの教会があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産ウシュグリで冷や汗の塔観光とメスティア!No.5

ウシュグリでは実際にこの”復讐の塔”の内部に入ることができます。その唯一の入り方が、高さ10メートルほどのはしごなのです。それも、ただ塔に持たれかけるようにしてあるだけで、念のため入場料を取る人がそばにいて一応手を置いています。が、もし体の大きな人が空中でバランスを崩したら、絶対にその人の力ではどうすることもできないと思います。つまり観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョージア最大の観光地ズバネッティへ10時間の旅!No.4

トビリシと近郊の古都ムツヘタ観光の翌日は、車でズバネッティ地方のミスティアまで10時間の長旅でした。ガイドさんは、自分一人なら車をもうスピードで走らせて7時間で行かれると言っていましたが、日本のような道路事情ではないジョージアで470キロを行くのには、それなりの時間がかかるはずです。 高速道路は行ってみたら、なぜか封鎖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産の街ムツケタとトビリシの恋愛パワースポット No.3

現地ガイドの運転で、トビリシから25キロ西にある古都ムツケタに行きました。この街は紀元前6世紀から5世紀にかけて存在したイベリア王国の首都だったそうで、世界遺産の宗教建築が3点あります。一つは、スベティツコベリ教会で、ジョージア正教の大事な教会です。その教会内部も荘厳な雰囲気で圧倒されましたが、その教会からの眺めが印象的でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョージアのワイン、ハニー、伝統的料理など。 No.2

ジョージアの国のほどんどは山岳地帯ですが、国北部に連なるコーカサスの山脈のおかげで、北に位置するにも関わらず温暖で雨の多い気候です。そのため、昔からワイン製造が盛んで、ワイン発祥の地とも言われ、なんと8000年の歴史を持つそうです。町のいたるところでブドウを見かけました。一般の人の庭先にもブドウが実っています。(写真はワインのソムリエ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今密に人気が出てきた国ジョージアを13日間旅行しました!No.1

ジョージアというと、まず思うのは、アメリカのジョージア州、そして缶コーヒーのブランド!でも、ジョージアという国んはあまり知られていません。でも、もとソビエト連邦の一部だったグルジア共和国と言えば、聞いたことがあるのではないでしょうか? 日本から行くなら、モスクワ経由で行くのが良いと思いますが、わたしは最初にミラノ在住の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつでも綺麗なリグーリア(ゾアリ)でトレッキング!No. 8

クロアチアから帰ってきた翌々日にリグーリアへ行きました。リグーリアに何回行ったか、覚えていません。多分15回くらいは行ったと思います。世界遺産のチンクエテッレもあります。今回行ったゾアリという町は日本では無名ですが、有名なポルトフィーノの近くにあり、ラパッロとキアバッリの間にあります。 冬とは思えないほど暖かく、陽が出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大変だったイタリアへの帰還とスロベニア国境での出来事!No. 7

美しいアドリア海沿いトレッキングを5日間堪能して、いよいよイタリアへ帰る日となりました。8時15分出発とのことでしたが、8時に集合場所へ行くと、大急ぎでバスに乗り込むように言われました。全員が揃うとすぐ出発でした。なぜが、もうスピードで車を走らせ、一列に3人が座ったマイクロバスの中で真ん中の席に座ったわたしは、カーブの度に右左に振り子の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロアチアのルシノ島で男女一緒の全裸サウナを体験!No.4

クロアチアのルッシーノ島に滞在中に3回、下のウェルネスセンターを利用しました。一度目は、ジャグジーとプール。ジャグジーはプールサイドに四角いのが二つと、少し離れた場所にもう一つ丸いのがありました。たまたま行くと、そこに私たちのグループの人が2,3人いたので、私たちも入りました。すると、オーストリア人の大男が全裸で入ってきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリエステからアドリア海をぐるっと廻ってクロアチアへ!No.3

トリエステで2日間、この美しい港街の観光を楽しんでから、27日のお昼にトリエステ中央駅に行きました。クロアチアのルッシーノ島での6日間のトレッキングツアーは、ここが集合場所になっていたからです。ツアーを主催するのはトレッキング・イタリアというトレッキング専門のイタリアの団体です。ちょうど1年前は、やはりこの団体が主催したエオリア諸島のツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街並みが綺麗なだけではないトリエステのお城、博物館 No.2

スロベニアとの国境に近い街トリエステは階段や坂がとても多い街です。なので、見晴のよい場所もあちこちにあって、美しい街並みが見えます。港町で複雑な歴史を経験してきた街でもあります。トリエステには多くの博物館、美術館があって、全部見ようとしたらおそらく一週間はかかるだろうと思うくらい沢山あります。 25日の午後到着して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリエステはイタリア東端の美しい港街!2017-18 No.1

2017年12月22日から2018年1月6日まで16日間、1年ぶりにイタリアへ行きました。今回でイタリアは17回目になります。まずミラノで友人たちと旧交を温め、雑用を片付けて、25日からトリエステへ行きました。トリエステから、クロアチアのルッシーノ島でのトレッキングツアーが出発することになっていました。その前に、2日間イタリアの東端にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガスマスクが欲しかったイジェン火山の強烈な硫黄!No.12

インドネシア旅行12日目は、予定では4時出発だったのに、ガイドさんがどうしても、イジェンの青い炎を見るためには早く行ったほうがいいと言うので、夜中の2時に車で出発しました。30分ほどで、車を降りイジェン火山の登山口へ。真っ暗で頭にヘッドライトをつけて、もくもくとガイドさんの後をついていきました。結構多くの人が歩いていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まるで火星のような非リアルな絶景!インドネシアの温泉!No.11

インドネシア旅行11日目は、朝4時に出発してジープで一目散にPananjakanという絶景ポイントを目指しました。そこは、複数の火山が一望の元に見える有名な絶景ポイントです。昨日登ったブロモ火山やその前に登ったスメル火山の一部もその中に含まれます。私たちがジープで出発したころには、ほかのホテルから出発したジープが何台も前を走っていました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滑ったら轟音を立てる奈落へ真っ逆さまのブロモ火山!No.10

インドネシア旅行9日目の早朝、無事スメル火山登頂に成功した後、次のキャンプ地に向けて出発しました。重い荷物は全部ポーターが持ってくれるので、わたしは軽いリュックを背負って歩きました。4時間ほどで、行きにランチをした湖のほとりにつきました。ランチの後、夕飯までは自由に友人とそのあたりを歩きました。キャンプ地と言っても、何もなくテントを張る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スメル火山1000m急登はきつかった!感動のご来光!No.9

インドネシア旅行9日目は、いよいよスメル火山登山にチャレンジです。日が暮れて、夕食を食べて、8時から12時まで仮眠を取りました。そして、夜中の12時過ぎに起こされ、ガイドさんが用意してくれた暖かいお茶を飲んで、体を温めてから、1時に出発しました。荷物は最低限にして、要らないものはすべてテントに残していきました。もうすでにスメル山の急登を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャワ島スメル火山3676m!最後の蟻地獄1000m挑戦へ!No.8

インドネシア旅行7日目の夜は、スメル火山のスタート地点ラヌパニの民宿に泊まりました。2200mの高地ながら暖房もなく、薄い毛布1枚だったので、寝袋に寝ました。朝民宿でご飯を食べて、いよいよ8時ころに出発です。私たちのサポートをしてくれる2人のポーターとコックさんたちは、もうとっくに出発していました。私たちと一緒に歩いたのは山岳ガイドさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後半はジャワ島スメル火山3676m登山ほか、No.7

2週間のインドネシア旅行の後半は、火山登山です。まず最初に登ったのが、スメル山(なぜか、Semeruを日本ではスメル山と読むようです。)3767mで、富士山もまだ登頂したことのない私は不安を感じていました。が、なんとか無事登ることができました。その後、ブロモ火山、イジェン火山にも登りました。どれも、違うタイプの山で、それぞれ大変なトレッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャワ島、謎の男根信仰の寺院遺跡、インドネシア料理 No.6

インドネシア旅行6日目は、ジョグジャカルタから1時間ほどの距離にある、Soloの町にあるスルタンの宮殿を訪ね、その後車で山道を登って行って、見晴のよい場所にある謎の男根信仰の寺院の遺跡Sukuhに行きました。作られた時代は15世紀のようなのですが、誰がなんのために作ったのか全く不明なんだそうです。 スルタンの別の宮殿で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

素晴らしいヒンズー教寺院プランバナン、スルタンパレス No.5

インドネシア旅行5日目は、ジョグジャカルタにあるスルタンの宮殿、夏の宮殿(ウオーターパレス)を訪ね、その後仏教遺跡の世界遺産ボロブドゥール遺跡に匹敵するヒンズー教寺院の世界遺産、プランバナンを見学しました。インドネシアでは、教徒の人数から言うと圧倒的にイスラム教徒が多いのですが、島や地域によって、イスラム教徒の多いところ、ヒンズー教徒の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガムラン音楽体験、ムラピ火山博物館、ラーマヤナ鑑賞 No. 4

インドネシア旅行4日目は、朝9時とゆっくりめに出発して近くの農村Candirejo村を尋ねました。そこでは、農村体験ツアーのようなものをやっていて、ローカルガイドと一緒に馬車に乗って、村の中を走り、3か所くらい見学するという2時間ほどのツアーです。ガイドさんは、英語の話せる主婦で時々ガイドのアルバイトをしているという小学生の母親でした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more