テーマ:料理

イタリア人の”食”に対する情熱とエネルギーをまさに実感!!8時間のランチ兼ディナー!!

先週の週末、語学学校で知り合ったイタリア人女性が、15人くらいが参加予定の大昼食会に招待してくれました。わたしはお手伝いをするために、少し早めに2時ごろ行ったのですが、もうやる気満々の男性たちが料理の下準備をしていました。今日のメニューは、ホタテ、イカ、魚と市場で今朝買ってきた新鮮な海の幸がテンコ盛りです。 Una f…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ガルダ湖畔の町シンピオーネの美しい夜景!美味しいお魚を夕食に食べました!(ガルダ湖No.4)

2010年の2月の週末に北イタリア湖水地方のガルダ湖のシルミオーネという街へ行きました。まだ寒い時期だったので、それほど人は多くなかったですが、この辺りは夏などもっとも混雑する、つまり人気のある観光地の一つだとのことです。 日が暮れて、かなり冷え込んできました。わたしたちも何か美味しいものを食べようと、レストランを探し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友人宅で送別会!イタリア人も毎回うんざりしている駅の非効率的な切符売り場!!

この週末に、ベルガモに住む友人の友人がこの3月に日本に1年間留学するので、彼のための壮行会が彼の家でありました。つまり、彼自身が重大発表のために、友人5人を自宅に招待したのです。 お客を招いた友人自身が作った料理は、沢山マッシュルームが入ったカネロニとポテトグラタンでした。上の写真でアンティパスとのお皿が見えますが、載…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア人友人の綺麗なキッチンで彼らのために和食のランチを作りました!(天ぷらうどんと中華の一品)

去年も一度尋ねたことのある、ミラノからは1時間弱のカルナゴという小さな町に住む友人宅です。前回も今回も車で迎えに来てくれました。ちょっと丘の上にあって、緑が豊富です。とっても綺麗な町です。 門を入ると、まず庭があって、同じ建物内が左右と上下に分かれて、4軒入っているようです。つまり、1階右、左、2階右、左という具合に。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッシ(岩窟住居)の街マテーラで食べた1700円のランチとは!?(マテーラ写真集No.2)

2007年4月のある日、バーリから電車で世界遺産のマテーラに行きました。元々谷だった地形を活かして、7000年も前から人間が住んでいた町なのです。 サッシ(岩窟住居)地区を見に行く前に、入り口手前の広場にあるバールで昼食をとりました。 その時食べたのは、ブルスケッタ(bruschetta)と言って、カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お伽の国、アルベロベッロはやはり見逃せない!!(アルベロベッロ写真集No.2)

2007年4月イタリア半島を南から縦断旅行しました。レッジョ・カラーブリアから夜行に乗って、バーリへ早朝到着。宿を見つけ、荷物を置いて、早速アルベロベッロへ出かけました。 駅から、人に聞きながら、15分ほど歩くと、可愛いトゥルーリが並んでいる通りが見えてきました。トゥルーリのほとんどは、土産物屋やレストランになっていま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

日本では全く無名のイタリアの街、ポルデノーネで普通のイタリア人の生活を体験!!(No.1)

2009年5月ヴェネチアに行く前に、ポルデノーネという街に寄りました。理由は友人宅を尋ねるためでした。彼女と知り合ったのは何とインターネットで、彼女がサクラを見に4月に来日したときに、新宿で会いました。ポルデノーネはヴェネチアまで1時間ほどの近さです。 ご主人の仕事は、音楽CDのプロデューサーです。この仕事で食べていかれる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

手に入る材料でイタリアのそば粉バスタ、ピツォッケリを作ってみました!!

以前、ボランティア体験記No.2でご紹介したヴァルテリーナ地方のそば粉パスタ、ピツォッケリ(Pizhoccheri) を手に入る材料で作ってみました。新たに買った材料は、そば粉だけです。 4人分の材料 そば粉  150グラム 小麦粉  50グラム 卵     2個 塩、オリーブオイル  適量 ジャガイモ  2…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ハイセンスな街ベルガモのロマンティックな夜!!ベルガモのお菓子ポレンタとは?!(ベルガモNo.3)

ベルガモはとっても素敵な街です。景色も良いし、素敵なお店も沢山あります。 Rocca(岩)と呼ばれる城砦には、以前聖フランチェスコの僧院(convento)だった建物を利用したベルガモの歴史博物館があります。その庭が素敵なキオストロ(回廊)になっています。 ベルガモにはポレンタと呼ばれるお菓子があります。友人…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ミラノ風カツレツとミラノ風リゾットの本当の作り方!! ”清浄なバター”を作る方法!

2005年1月に友人と行った冬のミラノでは、ミラノ風カツレツとミラノ風リゾットをレストランで食べました。 ミラノ風カツレツはやわらかな子牛の肉をバターで揚げたものです。簡単な方法としては、バターの代わりにフライパンにバターとオリーブオイルの両方を入れて、両面焼くという方法があります。でも、本当の料理方法はバターを湯煎にして…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

ズッキーニの花のフリットの作り方!

昨日の記事でご紹介したズッキーニの花の料理の仕方をいくつか、ご紹介しようと思います。ただし、日本ではたま~にズッキーニがあっても花まではあまりお店で売っていませんが、やる人は家庭菜園で作っているようですし、手に入るようなら似たような花(かぼちゃ等)でもOKです。 わたしがジェノバの友人宅でご馳走になったフリットの作り方はと…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

冬のミラノ、名もない街角の冬景色!(冬のミラノNo.4)

ミラノに最初に行ったのが、2005年1月、2回目は208年7月、3回目が2009年5月でした。同じ街でも冬と夏ではまるで景色が異なります。わたしは、ミラノに関しては、太陽がギラギラ照りつける夏より、しんしんと凍るような、凛とした空気が張り詰める冬のほうが、美しいと思います。 マーケットの野菜は日本と違うものが売られているの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スフォルツァ城の近くでは美味しそうな焼き栗の匂いが!!(冬のミラノNo.3)

ミラノと言えば、あの堂々とした荘厳なドゥオモが有名ですが、2005年1月は正面が修復中でした。でも、側面から見たドゥオモは美しい姿でした。夕暮れ時の写真です。 ドゥオモの内部です。外側があれだけ手の込んだゴシック建築だけあって、祭壇その他、内部の装飾も見ごたえがあります。 スフォルツァ城です。内部は市立博物館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア・ボランティア体験No.2 @ モンテバッロ(北イタリア湖水地方)

2008年の6月後半、山の教会で結婚式を挙げているカップルを見ました。私達が滞在していた建物の隣に教会があって、建物の1階にあるバールが料理を出していました。イタリアの結婚式では、お米を投げます。 これがその教会です。座っているのは、わたしとアメリカ人ボランティアの人です。顔がモデル並に小さくて、驚き…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

佐渡の魅力は、朱鷺、金山、佐渡おけさ、たらい舟だけじゃない!!自然もきれい!!

佐渡島へ生まれて初めて行ってきました。両親と一緒だったので、楽なツアーに参加しました。佐渡は、朱鷺や佐渡おけさ、たらい舟、銀山などで有名ですが、山が多く、海が綺麗です。まだそれほど、観光地化されていないせいか、道路は1本道なのに、渋滞にはほとんど会わなかったし、尖閣湾や七浦海岸など海岸線の美しさ、そして水の透明度に驚きました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏に美味しいパスタ・フレッダの作り方!

イタリアでは、毎日のようにパスタを食べますが、夏はさすがに涼しいものが食べたくなります。パスタもフレッダ(冷たいもの)があるんですよ。 もっとも、パスタというより、サラダという感じがしますが。材料はかなりフレッキシブルで、そのときある野菜や肉類または魚介類を使えます。パスタの場合…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パルミジャーノ・レッジャーノと生ハムで有名なパルマは美しい洗礼堂のある街!

2007年の4月ボローニャから、あのパルミジャーノ・レッジャーノであまりにも有名なパルマへ行きました。電車で1時間ちょっとです。Duomo広場には見所が一杯ですが、すぐそばに川も流れていて、ちょうど花も咲き乱れていて、美しい眺めです。橋を渡るとパルマ市民がくつろぐ大きな公園です。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

いのしし肉のパッパルデッレの作り方初公開?!イノシシは牡丹鍋ばっかりじゃ、ありませんよ!

昨日の記事でご紹介した、いのししの肉のパスタですが、検索したら日本でも食べられるようです。家庭で作ろうとすると、材料を調達するのが、結構大変そうです。なにせ、イノシシの肉なんて、なかなか普通のスーパーやお肉やさんじゃ売っていません。それに、臭みを取るために、利用するハーブが日本ではちょっと手に入れにくいようです。でも、今はネットで何でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これがジェノバ風の典型的なCasa(家)です!ダイニングテーブルからは港の夜景が!!

ジェノバでは、新興住宅地のような場所に沢山マンションが建っていて、わたしの友人もそういう新しいマンションに住んでいます。港に近い古い地域には、昔からのジェノバの建築様式に従って立てられたパラッツオがまだ沢山残っています。イタリア各地(ナポリ、ローマ、ミラノ、ヴェロナ、ヴェネチア)のイタリア人の家に招待してもらいましたが、今旅行中の友人の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

これぞ本格的なパレルモ風いわしのパスタの作り方!ただし、手抜きをしたい方には缶詰もあります。

パレルモで食べたシチリア料理には、色々独特のものがあります。中にとろっとチーズが溶けて、ちょっとトマトソース味の揚げライスコロッケ、アランチーノは有名です。また鰯団子が入ったパスタも美味しかったですが、非常に印象が強かったのが、ちょっと癖があるけど美味しい鰯とフィノッキオ(ういきょう、またはフェンネル)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

トラパニは塩田で有名な町です!

最初に塩田のあるトラパニへ、パレルモから電車で行ったときは、塩田まで10キロもあると知りませんでした。タクシーを頼むとえらく高かったので、計画変更して、バスで簡単にいけるエリチェへ行ってしまいました。(エリチェについてはまた別の機会にお話しします。すっごくきれいな街でした。) でも2回目にして、ようやく友人の車で塩田まで無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パレルモの守護神聖ロザリアの岩窟教会はとっても素敵でした!それにポルチーニも!!

パレルモ湾の北にあるペレグリーノ山の崖の上にはとっても可愛い洞窟の教会があります。17世紀にその山に住んでいた聖ロザリアの骨をパレルモに持ち帰ったところ、そのころ流行っていた病が一気に収まったそうです。それ以来その場所に教会を建て、聖女を祭っています。パレルモの守護神ですが、とっても人気があります。 とくに病気の人がお祈りに来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more